自分の考えが全て正しいと思った時点で、その人は成長しなくなり、愛の無い人間になってしまう。

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

やー、昨日はびっくりしました!

家族のLINEグループがあるのですが、18時前に父が救急車で病院に運ばれたって会社から電話があった!と連絡があったからです。

幸い貧血と軽い熱中症と言った軽い症状で、点滴を打ってその日に帰る事が出来たのですが、その中で学んだ教訓をば。

【この記事で伝えたいこと】
自分の見えている世界が全てだと思っている限りは一定以上は成長できない。みんなそれぞれの場所で自分なりに戦っている。
スポンサーリンク

普段はありえない時間の家族からの連絡は心臓に悪い

これね、一度経験するとおえっぷ感が分かるのですが、普段連絡が無いはずの時間帯に家族から連絡がある場合って、何かあった時なんですよね。

2014年の1月23日の15時頃、同じような感じで家族から連絡があって、クモ膜下出血で倒れた母が搬送された病院に向かった時もこんな感じで突然でした。

なんか色々と体のそこから逆流する感じですね汗

ただ、今回は会社の人が付き添ってくれていて、その方から電話でが連絡が来た時点で家族が父と会話出来ていたので、初めの連絡時点でそこまで大事では無い事が分かっていたのが幸いでした。

2年前は間違いなく親を恨んでいた

このブログは親の借金を返済する経験から始まったものでして、返済をしてそろそろ二年ほど。

当時は間違いなく親を恨んでいたと思います。

特に父の事を。

世帯年収が600万円を超えていて、ギャンブルや特段趣味があったわけでは無いのに、借金を作るはずがないと。

なぜ、30歳を目前にして結婚を考えている自分の人生を投げ打って親の尻ぬぐいをしなければいけないのかと。

色んな想いを押し殺して親の借金を返済したにも関わらず、何故父は今までの生活態度を改めないのかと。

まぁ、かなりのダークサイド寄りだったと思います笑

そんな事もあり実家に戻ったものの、2年間父とはまともに会話する事も無く、自分は自分なりに時間を使ってお金の勉強やらブログの運営を頑張ってきたつもりでした。

でもですね、あれから2年経って救急車で運ばれた父を送り迎えする中で、たまたま落ち着いて話をする機会が出来た訳なんですよ。

すると、自分はなんて狭い価値観で人を判断していたのだろう!と痛感させられた訳です・・・。

人はそれぞれ皆頑張っている

父はですね、もう10年以上になりますが、朝3時に起きて新聞配達をしています。

で、6時ごろに帰って来て、シャワーを浴びて朝ご飯を食べてまた8時までに家を出て、若い頃からずっと勤めている会社に出社して、19時頃に帰ってくるのです。

そして、次の日も朝が早いので、21時や22時頃には就寝するわけです。

今年で63歳。

自分に同じことが出来るかと言うと、正直できる自信は無いと思っています。

しかも救急車で運ばれたって事だったので、体の調子を色々と聞いていると当日は熱っぽくてふらふらしていたとの事。

60を超えて力仕事をしているので、色んなところにガタが来てもおかしくは無いと思います。

また、話している中で衝撃だったのが、もう長い間、膝より下が痺れて感覚が無いのだと!

元々軽い糖尿病だったのでその関係かと病院に通ってはいましたが、それも治って糖尿病が原因ではないそう。

整形外科や内科にも掛かってみたけど、原因は分からず毎日痛み止めを飲んでいると・・・。

それを聞いてなんだかすごく悲しくなりました・・・。

借金を返す際にも色々と喧嘩をして許せない言葉を浴びさせられた事もあって、自分の中ではずっと父を許せずにいたのだと思います。

でも、実は見えないところで本人なりにこんなに頑張っていたんだと・・・。

確かに息子にそんな今の状況を伝える事は出来ないでしょう。

そんなこんなで命を削りながら日々戦っている父の姿を知って、今までの対応を申し訳なく思ったと同時に、こんなボロボロになるまで一人で背負ってかわいそうと思ったんですね。

これが正直なところ。

父と話す事でやっと分かったんです。

みんなそれぞれの場所で頑張っているんだと。

自分が見えている世界がすべてと思うのは傲慢以外の何物でもない

貯金も無い、家も賃貸で定年後の家賃のあてもない、車も定年後までかかるフルローン、あるのは借金だけ。

そして、息子に借金を返済してもらっても、お金の管理・見直し・節約をする事は無い。

仕事から帰って来てはテレビを見ながら酒を飲み、休日もテレビを見ながら酒を飲むか、寝るかの2択。

それが私の目に映っている父の姿でした。

私はコミュニケーションを取ることなく、父はまだ頑張れる時間があるのに頑張っていないと一方的に決めつけていました。

しかし、事実は毎日痛み止めを飲みながら休むことなく新聞配達に行き、弱音を吐くことなく家族の為にと思い働く独りの人間だったわけです。

なんかもう色々と悲しくなりましたし、一緒に住んでいる人間の事を分かっていなくて情けなくて泣いてしまいました・・・。

この年でこれ以上の事を求めるのはかわいそうだと。

苦手なお金の分野も更にやれと言うのは、酷でしかない。

自分が見える範囲がすべてだと思う事は、傲慢以外の何物でもないと言う事をこの時やっと理解できました。

色んな事があって30歳になってしまい、ここまで来るのに長い長い回り道でしたが、なんとか辿り着けてホント良かった。

過去に捕われ続けるよりも、過去を赦して今を進む人間でいたい

本当に色々と遠回りしましたし、借金を残して倒れてしまった母とたくさんのチャンスがあったのに変われなかった父を完全に赦せたかと問われると、「分からない」と言うのが素直な気持ちです。

ただ、1つだけ確かなのは、これ以上苦しんで欲しくないと言う事です。

曲がりなりにも自分なりにお金の勉強をしてきて、FP3級、FP2級の資格も取得し、今はAFPの勉強をしています。

そして少し前から実際に人の家計改善に携わらせて頂き、リアルな家計の見直しの経験も積んできました。

そうして色んな方に会って不動産・保険・住宅ローン・投資等、色んな専門家とのつながりもできてきました。

「今なら、実家の家計を再建できる力が身についた」と。

そう思えたのですね。

後悔すると思うなら、何振りかまわず行動しなければいけない

2年前に本腰を入れて分からない中、家計と戦ってきて何とかショートしないレベルまでは持っていくことが出来たものの、未だに収支がプラマイゼロくらいの状況です。

でも、今まで反骨心で身に付けてきたこの力を真に試される時が来たのかと。

と、色々と考えた末、今の家からそう遠くない場所に、15年~25年落ちの中古一戸建てを買おうと思ったのです。

父は今年で63歳でして、小さい会社なので65歳以降も働き続けれると思うのですが、今の状況を考えると、65歳以降は家賃を払えなくなる可能性が高いのです。

なら、家を買うしかない。

でも父の健康状態・与信・年齢では住宅ローンの選択肢がかなり少ないだろうと。

だったら一旦は自分の名義で住宅ローンを組んで、家族みんなでお金を出し合って短い時間で返済をする方が絶対に良い未来が待っていると思ったんです。

色々とありましたが、これ以上家族に苦しんでもらいたくないですからね。

やし、このまま家族を見捨てるときっと一生後悔すると感じたんです。

ならばやらなくては。

大阪府東大阪市周辺にて3LDK~4LDKを予算1000万円弱で探してますので、もし家がだぶついている方がいらっしゃいましたらこちらからご連絡をください笑

もちろん色々と不安ですが、話してみたりやってみないと分からない事はたくさんありますので、ひとまず後悔しない方向へぶっこんでみます!!

まとめ

それではまとめ!

  • みんな頑張っている、自分だけが偉いと思ったら人間終わり

いや、ほんと昨日連絡があった時は焦りましたが、幸い大事にも至らず、結果的に父と話す時間が取れて良かったです。

この機会が無ければ、まだ今までの関係が続いていたと思うので。

やっぱり自分の見える価値観がすべてだと思ったらだめですね。

いい教訓を身をもって学べました。

夏は暑いので、シルバーウィークあたりを使って引っ越しできたらいいなぁ。

なかなか大変やけど、一つ一つ頑張っていこ!

この記事が少しでもあなたの人生の糧になれば幸いです。

東大阪で家をお譲りしたく考えている方にこの声が届けばと思いますので、是非ともシェアにてご協力をお願いします!!!笑

今日もありがとうございます!

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★

コメント

  1. Keiko Shimoda より:

    鶴田様
    昨日、本日と楽しかったです。
    ブログ、読ませていただきました。すごい体験をされておられるのですね。
    うちの苦労知らずの愚息に読ませたいです。
    こちらはお金について、まもることばかりで赤は出さず、もうけも大きくせず細々と顧客満足を考えて続けてやっております。
    要介護5の父を数年前に見送って、今度は母が今要介護2でぼけてきています。
    明日はわが身と考えて、ずっと細く長く頭は使わないとぼけることがひしひしと
    わかりますので、airbnbなどで楽しくやっていければなあと
    思ってます。だって、いきなり、海外が飛び込んでくるので面白いです。
    それから
    スマホの見直しいいですね。
    また、ブログをゆっくり読ませていただきます。
    今後とも宜しくお願いします。

    • たんたん より:

      下田さま
      こちらこそありがとうございました!
      普段、携われない話を色々と聞けて楽しかったです!
      まだまだ自分も未熟な部分ばかりなので、勉強ばかりです。
      色々と大変な事もあるかと思いますが、おっしゃるように頭を使っていく事が大切なのだと感じております。
      下田さまの様に、生き生きとした人生を送りたいと思います^^
      もっともっと情報発信できる事を増やせるように頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します!