日経新聞(電子版)の料金は?証券会社の口座開設で利用できるよ!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

日経新聞は読んでますか?

私は就職したての頃に「これから新聞を読む癖をつけるんや!」と、意気込んで定期購読しておりましたが、なかなか分厚くて読み切れませんでした。

毎日読もうと思い新聞を取ったものの、ボリュームに圧倒されてしまい、読み切れない日々が続いたり。

そうして気付けば袋から出していない新聞が部屋の隅に重なっていった・・・。

そんな経験は有りませんか?(笑)

経済が好きだったり、明確な目的があれば読むのは問題無いのでしょうけど、いきなり習慣化する事はなかなか簡単ではないボリュームではありますよね。

新聞で情報収集はしたいものの、読み切れるか分からない。

読み切れなければまたお金が勿体なくなってしまう。

そんなあなたにお伝えいしたい事があります。

実は証券会社の口座を開く事で日経新聞の電子版を利用することができるのです!

証券会社の付加サービスとなっておりまして、日経新聞で情報を取り入れつつ、株式売買を実践する事が出来るのでかなり便利です。

日経新聞をお読みの方や検討中の方は参考にして頂ければと思います。

【この記事で伝えたいこと】
証券会社の口座開設で日経新聞電子版を含む日経テレコンが購読可能!3社の中では丸三証券がオススメだよ!

※この記事の画像は公式HPより転載しております

スポンサーリンク

日経新聞の購読料金は?

冒頭で紹介致しましたが、日経新聞の料金は月額4000円~です。

新聞紙の宅配の場合は、更に価格が上がってしまいます。

日経新聞の料金

出典:日経新聞

月額4000円なら、年間で48000円

5年も購読すると240000円ですね!

間違いなく投資効果は高いとは思いますが、なかなか大きな料金なのは間違いないですねー。

証券会社の口座が有れば日経テレコンが購読可能

で、この日経新聞ですが、日経新聞の電子版も含めて読むことが出来る日経テレコンと言うサービスがあります。

この日経テレコンは8000円程度するのですが、証券会社の口座を開くことで購読する事が可能になるのです。

日経テレコンのサービスが全て利用可能って訳では無くて、ある程度制約事項はありますが、それでも口座開設で読むことが出来るのはありがたいですね!

ちなみにこのサービスは、大和証券・楽天証券・丸三証券で提供されております。

3社の中では丸三証券が一番おすすめとなっておりますが、それぞれの証券会社の特徴を見ていきたいと思います。

大和証券の料金

最近の証券会社では多くが口座管理料を無料としております。

口座を開設しても維持費は一切発生しませんよーって訳です。

ただ、大和証券の場合は、基本は維持費が必要条件付きでの無料となってます。

大和証券の口座管理料

出典:大和証券

eサービスってやつは報告書類(取引残高報告書や取引報告書など)を紙では無く、電子ベースで確認できるようにするサービスなので、日本株式口座の管理料を無料にするハードルは低いです。

しかし、外国証券の口座管理料を無料にするには、預け残高が3000万円以上必要となります・・・。

お預かり資産優遇サービスについて

出典:大和証券

大和証券が提供する日経テレコンは、過去記事の検索は3か月分までとの事。

過去記事の検索は3カ月分まで

出典:大和証券

それぞれの証券会社によって提供している内容が異なるので、個別に紹介いたしますね!

楽天証券の料金

楽天証券は口座管理料は無料です。

楽天証券の口座管理料は無料

出典:楽天証券

口座の 維持費が必要無いのはありがたいのですが、日経テレコンを利用するにはマーケットスピードの利用料が必要となります。

楽天証券で日系テレコンを後続するには条件有り

出典:楽天証券

ちなみにマーケットスピードは3か月2500円の利用料が必要のサービスなんですよねー。

ただ、マーケットスピードの利用者に限る・・・

出典:楽天証券

2500円を無料にする為の条件はたくさんありますが、どれもひと手間必要なので、楽天証券を日常的に利用するユーザにオススメって感じですね。

マーケットスピードの利用料無料条件もあり

出典:楽天証券

あと、日経テレコンの過去記事検索期間については1年間との事です。

楽天証券では過去1年分の記事検索が可能

出典:楽天証券

丸三証券の料金

丸三証券は口座管理料が無料です。

維持費が必要無いのは有難いですねー。

丸三証券は口座管理料が無料

出典:丸三証券

また、日経テレコンは口座開設で購読可能となっております。

これはすごい!

記載はありませんが、実際に利用してみたところ、過去記事は1年分まで検索が可能でした。

また、日経テレコンの利用料も無料

出典:丸三証券

3つの証券会社の中では丸三証券がオススメ

と、3つの証券会社を見てみましたが、口座開設のみで日経テレコンが購読できる丸三証券が、一番オススメかと思います。

証券口座を持ってないから不安…

株式投資をされていない方ですと、証券口座をお持ちでないと思います。

銀行口座なら持っているけど、証券口座は作った事が無いから良く分からない・・・

そんな思いがあるかも知れません。

でも、口座開設は全く難しくありませんので、ご安心ください。

インサイダー取引の関係で会社情報を入力したりする必要はありますが、銀行口座を開くよりも入力情報がちょっと多くなるってくらいです。

何事もまずはやってみる事が大切かと思います。

口座の開設方法はこちらでまとめておりますので、参考にしてくださいね!

まとめ

それではおさらい!

  • 証券会社の口座を開設する事で日経テレコン(機能限定版)を利用可能
  • 大和証券、楽天証券、丸三証券でそれぞれ日経テレコンの購読条件が異なる
  • 日経テレコンでは日経新聞、日経産業新聞、日経MJ等を読むことが可能
  • 丸三証券は口座解説と維持費が不要なので投資にうってつけ

と、日経新聞を読んでいるなら経済の流れの勉強をしているので、投資をしていった方が良いかと思います。

証券会社の口座と日経新聞がセットになってるってのは、かなり便利な組み合わせですよね。

こちらの公式HPから無料で口座開設が出来ますので、この際にご検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が少しでもあなたの人生の糧になれば幸いです。

【関連記事】

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★