フィットネスジムの月額料金を安くするには、コナミスポーツの法人会員がおすすめ!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

今年こそは体を絞って海に行くぞー!

なんて事を毎年考えては実行できず・・・。

でもジムの月額料金って1万円近くとなかなか高額な事が多いもの。

毎月の固定で無駄を出してしまうと、毎月無駄が発生してしまうので、シビアに見ないといけない支出ですね!

いかに料金を安く抑えつつ、いい感じに体を鍛えるか。

そんなフィットネスジムのお金を安くする小技をお伝え致します!

【この記事で伝えたいこと】
始めてジムに通うなら、月額料金で契約をせず、毎回支払う都度利用で自分のペースを探してみよう!アメックスならコナミの法人会員が使えるよ!

※この記事の画像は公式HPより引用しております

スポンサーリンク

フィットネスジムの業界ってどこが大きいのか?

という事で、まずはフィットネスジムの業界の売上高を調べてみました。

フィットネスジムの料金を比較!月額料金を安くするコツは!?①


こんな感じでコナミがダントツですねー。

ほとんどジム通いをしたことの無い自分でも上位の4つは聞いたことがあります。

フィットネスジムを利用するにあたって立地はかなり重要かと思いますので、大手のジムなら仕事帰りでも寄れる立地にあって便利ですね。

なので、まずはこのあたりの上位のジムたちを比較してみたいと思います。

フィットネスジムのフリープラン月額料金は1万円を超える!

と、利用するにあたって一番分かりやすい一か月行き放題のフリープランで比較してみました!(2016年8月の情報)

「1店舗のみプラン」・「エリア内の複数店舗プラン」・「全国プラン」と色んな料金体系があるので、一律には比較できませんが、1万円を超えるのが普通な金額なんですね!

中央値チョット下の11000円で赤線を引いてみましたが、コナミスポーツ以外は店舗を限定しないと11000円以下での利用はなかなか難しいみたいですねー。

コナミスポーツの場合は、店舗の立地によって4つにカテゴリに別れているので、複数の店舗を利用可能で便利です。

フィットネスジムの料金を比較!月額料金を安くするコツは!?(都市部のフィットネスジム料金比較表)


ちなみに今回、自分の利用検討もかねて調べているので、なるべく都市部にある利便性の高いフィットネスジムで比較しております。

店舗料金は地元大阪の都会の店舗で比較するようにしてます。

業界5位の東洋が運営するホリデイスポーツや7位のオージースポーツが運営するCOSPAもありますが、こちらは郊外型のジムみたいなので、今回の比較からは省いてますのでご了承を。

と、比較してみると、都市部にあって料金が高いイメージだったコナミスポーツが意外と良心的な価格なのかな?とか思ったり。

ジムって月額料金取り戻せる人ってごく少数・・・?

と言いつつ、毎月1万円超えるって高いっしょ!

それともう一つ、ジムの月額料金を取り返せる人ってごく少数だと思うんですよね。

私がジムへの入会を考えている時は、体を絞りたいけど自分でなかなか出来ないので、お金を払ってジムに行かざるを得ない状況を作ろう!って感じです。

こういうマインドで始めて毎月の月額料金を取り戻せるくらいに通える人ってどちらかと言うと、少数派だと思うんですよね。

自分の意志で自分を鍛えれる人はジムが無くても鍛えるので、もともとお金を払って追い込もうとしている人とは気概が違うのですね・・・。

いきなりフィットネスジムの月額料金を払わずに、市民プールのジムを使うのもよし

と、長続きするかどうか心配な事への対策は、月額料金を支払わない場所に行くことです。

ジムに行くたびに毎回お金を払う事が出来る場所ですね。

私が一時期利用していたのは、近くの市民プールに併設しているジムです。

まぁ、これは裏技でもなんでもないのですが、こういった公共の施設って知ってる人しか使っていない印象があるので。

正直、これはどこにでもある施設では無いので、近くにあったらラッキーぐらいの感じですが、私が行っていたところはジムが一回700円、プールが1回700円、ジム+プールで1日1000円と言う料金設定でした。

フィットネスジムの料金を比較!月額料金を安くするコツは!?(公共施設のジムの料金表の例)


お住まいの地域によって施設の有無は大きく違いますが、一度近くの市民プールの情報を調べてみることをお勧め致します!

一回700円なら、14回行っても月に1万円を超えないですからね!

2日に1回以上ジムに行かれる方は、フィットネスジムの月額会員の方が安くなるかもしれませんが、かなり少数派かと思いますので、近くにあれば公営のジムを利用してみて自分の無理ないペースを探るってのがおすすめかと思います!

コナミの法人会員であれば、都度払いで支払いできる

とは言え、誰しもが家の近くに公営のプールがある訳ではありません。

そんな時に利用可能なのが、コナミの法人会員の利用です。

個人だと月額料金を支払って会員になりますが、法人会員だと都度払いが可能となり、行った分だけ支払えばよくなります。

料金体系としては、以下の通りです。

カテゴリⅡなら、4日に1回言って月に7日で10584円。

さすがに公営よりは高くはなってしまいますが、駅近で仕事の帰りに行ける立地も多く、複数店舗も利用できて使い勝手が良いので、利便性を考えると悪くない金額かと思います。

フィットネスジムの料金を比較!月額料金を安くするコツは!?(コナミスポーツの都度利用プランの料金表)


法人契約とかあるかい!って方もいると思いますが、会社で福利厚生のアウトソーシングサービスを契約してて、その中に含まれていることがあります。

例えば、RELOグループが運営している福利厚生倶楽部なんかは、コナミスポーツを法人会員プランが利用可能でして、一度お勤めの会社の福利厚生を調べてみると実は使えたりするかもしれません!

アメックスカードがあればコナミの法人会員プランを利用できる

で、ここからが少し裏技チックになるのですが、実は個人でもコナミの法人プランを利用する事が可能なのです!

セゾンが発行しているセゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードを持っていれば、コナミスポーツの法人会員プランを利用可能なんですよー。

コナミスポーツ以外にもなんやかんや優待があって、「毎月5日と20日は全国の西友・LIVINでのショッピングが5%OFF」になったり、「毎月、月末の金土日は全国のロフトでのショッピングが10%OFFまたは5%OFF」になったり、「毎月5日は全国のパルコでのショッピングが5%OFF」になったりします。

フィットネスジムの料金を比較!月額料金を安くするコツは!?(アメックスなら法人会員プランが利用可能)


ゴールドカードだから、年会費が高そうで心配と思ったりしたのですが、セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カード初年度の年会費は無料でして、2年目から10000円の年会費が必要となります。

フィットネスジムの料金を比較!月額料金を安くするコツは!?(アメックスゴールドカードは一年目の年会費が無料)


なので、ひとまずカード発行した初年度は無料でコナミの法人会員プランが利用可能と言う事なんですよ!

これはなかなか使えますね!

家の近くに公営のジムが無くて、仕事帰りのジムに寄って汗を流したいけど、月額料金をいきなり支払うのは元が取れるか不安と言う方にぴったりの技ではないでしょうか(∩´∀`)∩

セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードでコナミの法人会員になる方法は?

と、公式HPには別途手続きが必要としか書かれてなかったので、実際カードを発行してからどのような手続きが必要かを問い合わせてみました!

崩した文章に直しておりますが、回答は以下の通りでした。

まず、法人会員としての入会は、法人契約の場合は証明書の確認が必要で、セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードの場合は、証明書がカード自体になります。そして、施設のフロントに証明書を持ってきてもらえれば、登録ができます。

との事。

つまり、コナミスポーツクラブのフロントにセゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードを持って行けば、法人会員での登録が可能って事なんですねー。

意外と簡単ですね!

いやー、これは知っておいて損は無い技ですなー。

まとめ

それではまとめ!

【フィットネスジムの料金を安くするための心得】

  • まずは家の近くに公営のジムが無いかどうか調べてみよう!
  • 1週間に2回以上毎月行き続ける自信が無い方はアメックスでコナミの法人会員都度利用を!
  • 家の近くにあるローカルで安いジムも探してみよう!

1万円近い料金が毎月発生するフィットネスジム。

ちょっとジムに行かなくて元が取れなくなると、毎日自炊して安くあげている数百円が一撃で吹き飛ぶ金額かと思います。

しかも毎月発生する固定費となるので、その支払いはシビアに検討すべきだと思います。

長続きするかどうか分からないサービスをいきなり契約するよりは、無料でカードを発行して都度利用を試してみてから、自分のペースに変えていくと良いかと思います。

また、セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードは、年会費無料でコナミスポーツ以外にもさまざまな優待がついており、海外旅行傷害保険が最高5000万円付帯されているので、海外旅行のお供にもよいかと思います。

こちらの公式サイトから詳細を確認できますので、一度ご検討してみても良いかもしれません。

この記事が少しでもあなたの人生の糧になれば幸いです。

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★