REX・漢方スタイル・Reader’s改悪後の高還元率カードはどれが良いか考えてみた!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

先週あたりから高還元率クレジットカードに関する検索トラフィックが上昇しております。

その理由は、JACCS系列の高還元率カードの改悪が次々と発表されたからだと思いますねー。

私もJACCSさんにはお世話になったもんで、あいつは変わってしまった的な悲しさがありますね・・・。

と言う事で、JACCSカードの改悪後にはどのカードがいいのか考えてみました。

結局は個々人の利用スタイルに依存する所があるので、どれがベストかとは言えませんが、参考にして頂けるとありがたいです。

【この記事で伝えたいこと】
JACCSカードは改悪されても、巷のカードよりはまだまだ高還元率!ライフスタイルに合ったカードを選択しよう!

※この記事の画像は公式HPより引用しております

スポンサーリンク

漢方スタイルクラブカード、REXカード、Reader’sカードの還元率が改悪

と言う事で、まずは改悪内容を振り返ってみましょう。

漢方スタイルクラブカードの還元率は1.75%→1.5%

まずは漢方スタイルクラブカードから見てみます。

還元率は1.75%→1.5%に下がってしまいました・・・。

また、以前は年間の利用額が100万円あたりを超えるとボーナスポイントの付与により、年会費を打ち消して更なる高還元率カードとなっていました。

今回、そのボーナスポイントも改悪されてしまったので、かなりの性能ダウンですねー。

nanacoチャージへのポイント還元率低下もあり、どんどん性能が下がって悲しい限りです・・・。

漢方スタイルクラブカード還元率は1.75%→1.5%に低下

REXカードの還元率は1.75%→1.5%

REXカードは還元率が1.75%→1.5%に下がってしまいました。

また、これに合わせてポイントの引き換え単位が下がるので、ポイント交換はしやすくなりました。

ただ、還元率低下を補える改善では無いので、こちらも性能ダウンです。

漢方スタイルクラブカードの様なボーナスポイントの低下は無いので、劣化具合はまだ少しだけましではありますね。

REXカードの還元率は1.75%→1.5%に低下

Reader’sカードの還元率は1.8%→1.32%

最後はリーダーズカードですが、この方は壊滅的なダメージを受けてます・・・。

もともとリーダーズカードの特徴は、ポイント還元をAmazon限定デポジットで受けることが出来て、Amazonでの支払いに限定したポイント還元をすることで還元率を高めていました。

Amazon限定デポジットだと、1.8%もの還元率だったのですが、改悪により1.32%まで低下してしまいました・・・。

REXカードと同様に年間50万円以上の利用が有れば年会費が無料になるカードですので、完全にREXカードの劣化版になってしまいました・・・。

残念ですが、リーダーズカードを利用する理由が無くなってしまいましたねー。

リーダーズカードの還元率は1.8%→1.32%まで低下!

高還元率カードを比較してみたよ

お三方ともなかなか悲惨な状況ではありますが、それぞれ年会費もありますし、他の高還元率カードとの比較もしなければ改悪後の優劣が分かりませんよねー。

って事で、一覧にまとめて比較してみましたので、参考にして頂ければと思います。

2015年12月以降の高還元率カードの比較結果は以下の通りです!

 漢方スタイルREXリーダーズエクストリームリクルートプラスP-one Wiz
年会費1620円2700円2700円3240円2160円0円
還元率1.50%1.50%1.32%1.50%2.00%1.50%
10万円-0.12%-1.20%-1.38%-1.74%-0.16%1.50%
20万円0.69%0.15%-0.03%-0.12%0.92%1.50%
30万円0.96%0.60%0.42%0.42%1.28%1.50%
40万円1.10%0.83%0.65%1.50%1.46%1.50%
50万円1.18%0.96%0.78%1.50%1.57%1.50%
60万円1.23%1.50%1.32%1.50%1.64%1.50%
70万円1.45%1.50%1.32%1.50%1.69%1.50%
80万円1.45%1.50%1.32%1.50%1.73%1.50%
90万円1.46%1.50%1.32%1.50%1.76%1.50%
100万円1.46%1.50%1.32%1.50%1.78%1.50%
110万円1.47%1.50%1.32%1.50%1.80%1.50%
120万円1.51%1.50%1.32%1.50%1.82%1.50%
140万円1.51%1.50%1.32%1.50%1.85%1.50%
160万円1.51%1.50%1.32%1.50%1.87%1.50%
180万円1.51%1.50%1.32%1.50%1.88%1.50%
200万円1.51%1.50%1.32%1.50%1.89%1.50%
250万円1.51%1.50%1.32%1.50%1.91%1.50%
300万円1.50%1.50%1.32%1.50%1.93%1.50%
350万円1.50%1.50%1.32%1.50%1.94%1.50%
400万円1.50%1.50%1.32%1.50%1.95%1.50%
450万円1.50%1.50%1.32%1.50%1.95%1.50%
500万円1.50%1.50%1.32%1.50%1.96%1.50%
550万円1.50%1.50%1.32%1.50%1.96%1.50%
600万円1.50%1.50%1.32%1.50%1.96%1.50%

いかがでしょうか。

P-one Wizカードリクルートカードプラスの圧勝だと言うことが分かると思います。

年間の利用額が50万円を超えないのであれば、基本はP-one Wizカードが還元率が高いです。

エクストリームカードは年間利用額が30万円以上になると年会費が無料となる為、30万円~40万円の間だけ一瞬顔を出します(笑)

そして、そこから先はリクルートカードプラスの独壇場・・・。

やはり、還元率2.0%は圧倒的ですね・・・。


漢方スタイルクラブカードのボーナスポイントやそれぞれのカードの年会費も含めた実質の還元率で計算しており、セルフチェックもしましたが、もし間違ってたらごめんなさい・・・(汗)

その場合は、すぐさま修正致しますので、ご指摘頂けると幸いです。

改悪後はどのカードを使えばいい?

こんな状況ですので、還元率だけ見ればリクルートカードプラスが圧勝ですが、誰しもがリクルートカードプラスに乗り換えればよいかと言うとそうでは無いと思ってます。

なぜならポイントの使いやすさはJACCS系列のJデポ現金還元の方が圧倒的に良いからです。

やっぱりリクルートカードプラス?

確かにリクルートカードプラスは最強の還元率を誇りますが、付与されるポイントがリクルートポイントなので、ポイントを何かしらで使用しなければ意味が有りません。

クーポンサイトのポンパレポンパレモールだと様々なモノ購入できるので、簡単に消費はできると思います。

ただ、個人的には生活に必要な出費に充てることが理想と考えているので、そういった意味では現金の方が心強いのは間違いありません。

pontaポイントとの相互交換が始まってからは、昭和シェル石油・ライフ・ローソン・ビックカメラ・GEOと言ったところでリクルートポイントも使用可能になったので、かなり利用の幅は増えたと思いますね!

ですので、自身のライフスタイルを鑑みて、リクルートポイントをええ感じに利用できそうであれば、リクルートカードプラスで間違いないかと。

nanacoへのクレジットチャージでポイントも付きますしねー。

リクルートカードプラスの詳細はこちらをご覧ください。

いやいや、JACCSのカードを使い続ける?

還元率が下がってもJACCS系列のカードを使い続けるという選択肢も十分にあると思ってます。

リーダーズカードは、正直乗り換えた方が良いとは思いますが・・・(汗)

REXカードは還元率が下がったものの、それでも1.5%の現金還元なので、他のポイント還元のカードに比べたらメリットは大きいです。

ポイントはポイント以上の価値はありませんが、現金は現金を元手として現金以上の価値を生み出すことが可能ですもんで。

メインカードで利用するならば、年間50万円の利用で年会費が無料になるって制約もそこまできつくは有りませんしね!

漢方スタイルクラブカードは薬日本堂の商品券にポイントを交換すると還元率3.0%になりますが、ボーナスポイントの改悪によってREXカードの方が使い勝手が良くなったイメージです。

それぞれのカードの詳細は別の記事でまとめておりますので、参考にして頂ければと思います。

急先鋒のP-one Wizカードを使う?

最近現れたポケットカードのP-one Wizカードに乗り換えるってのもアリかと思います。

年会費無料のカードなのに、請求時1%offとポイント還元0.5%の性能を持っており、なんと、入会後3カ月はポイント還元率が3倍になるという破格のカードだからです!

たまったポイントもTポイントに変えることが出来るので、ヤフオク!ロハコYahoo!ショッピングやふるさと納税と、利用しやすさはリクルートポイントよりもはるかに上です。

ただ、このカードは結構じゃじゃ馬な面も持っていて、1%off対象外のカード利用分があったり発行時はリボ払い専用のカードなので到着時に変更手続きが必要だったりと、少し手間のかかるカードではあります。

3カ月間のポイント還元率3倍と言う特典は非常に魅力的ではありますので、12月以降は一度P-one Wizカードを利用して3か月間様子見をするってのもありだと思います。

カードの詳細について、は、こちらの記事でまとめておりますので、ご参考ください。

まとめ

それではおさらい!

【JACCSカードの改悪後にあなたがとるべき行動は?】

  • ポイントの利用スタイルに応じてカードを選択しよう

と、全方面をカバーするクレジットカードは無いので、「複数のカードを組み合わせて限界まで使い倒す」か「妥協点を見つけて自分の生活スタイルに合ったカードを選択する」の2択かと思います。

性格的な部分もありますし、日々の生活の動線内のお店にも左右されます。

なので、1つの情報として参考にして頂ければと思います。

ひとまず、私はP-one Wizカードの申し込みをしましたので、使い倒してみます(笑)

この記事が少しでもあなたの人生の糧になれば幸いです。

【関連記事】

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★