らくらくメルカリ便でのネコポスの送り方を解説!二次元コードとネコピットで簡単発送!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

こちらの記事でメルカリネコポスの連携についてお伝え致しました。

で、実際どうやったら使えるの?ってお思いの全国の皆さんに情報を伝えるために、私がサービス開始2日目にして利用してきましたよ!

おかげで商品を1つたたき売りすることになりましたが・・・(泣)

サービスが開始したばっかりで不明点も多いと思いますので、この記事では、”メルカリで売れた物をネコポスで発送する際の発送方法”についてお伝え致します。

【この記事で伝えたいこと】
メルカリと連携してネコポスを使うと送り状を書く必要もなく、支払いも不要で非常に楽!営業所での送り状発行も簡単で2,3分で手続き完了!
スポンサーリンク

営業所でのネコポス利用方法

手順としては大きく分けて以下の4ステップでして、それぞれ手間が省かれており非常に簡単に発送できます。

  1. 発送物を用意する
  2. ネコポスのQRコードを発行する
  3. 営業所のネコピットで送り状を印刷して発送
  4. メルカリで発送完了通知

では、順にお伝え致します。

発送物を用意する

まずは、メルカリで売れた発送物を用意して下さい。

送り状が営業所で印刷されますので、発送物には宛名や発送元の情報は書かなくて大丈夫です。

こちらの記事でネコポスのサイズ制限等をまとめておりますので、参考にして下さい。

ネコポスのQRコードを発行する

次に、メルカリ側でネコポスを利用する手続きが必要です。

まずは、売れた商品の発送画面で、らくらくメルカリ便に「変更する」を選択します。

らくらくメルカリ便に変更


するとらくらくメルカリ便の手続き画面になりますので、どのサービス(宅急便・宅急便コンパクト・ネコポス)で発送するかを選択します。

サイズと書かれたあたりを選択。

らくらくメルカリ便で発送する


3種類の配送サービスより選択します。

今回は「ネコポス」を選んで、「完了」を選択。

ネコポスを選択


サイズの欄でネコポスを選択しましたら、「お届け先」「発送元」の情報に誤りが無いかを確認して下さい。

自身が元々登録している情報が配送元になり、購入してくれた人の情報がお届け先に自動で表示されます。

料金も195円と記載があります。

住所情報に問題が無ければ「配送用の2次元コードを表示する」を選択。

配送用に二次元コードを表示する


はい、これでQRコードの生成が完了です!

営業所に行ってQRコードを読み込ませるor番号を入力するのどちらかで手続きをしますが、ここまでの手続きは両方で必要になるかと思います。

QRコードが生成できたよ

営業所のネコピットで送り状を印刷して発送

メルカリ側の手続きが完了したら、クロネコヤマトの営業所に発送物を持ち込みます。

店員さんに「提携フリマサイトからネコポスで発送したいです」伝えればネコピットの場所を教えてくれると思います。

店舗によって物が違うみたいですが、私がいつも行く営業所はタブレット型のネコピットしか置いて無いので、タブレット版での使用方法となをお伝え致します。

まずは右下の「提携フリマサイト~」を選択。

ネコピットをピットする


次に送り状の発行方法を選択します。

メルカリで生成したQRコードを読み込ませるのは、左側の「2次元コードをお持ちの方」を選択します。

ちなみにQRコード生成時に発行された受付番号を直接入力することも可能みたいです。

送り状発行方法選択


タブレットのカメラが起動するので、スマホのQRコードを読み取らせましょう。

読み込むと自動で次の画面に移ります。

QRコードをカメラで読み込むよ!


QRコードを読み込ませると、届け先や発送元の情報が自動で入力されます。

これは便利!

発送予定日だけ決める必要がありますので、右下にある「次へ」を選択。

送り状内容確認


発送予定日を入力します。

デフォルトでは次の日(?)が入力されているので、変更する場合は別の日付を入力して下さい。

日付の入力が終わったら、右下の「完了」を選択。

発送予定日を入力するよ


これで送り状を印刷する為の情報がそろったので、内容に間違いが無いかを確認して下さい。

内容に問題が無ければ、右下の「印刷」を選択。

送り状を印刷!


はい、これで送り状印刷の手続きが完了しました!

お店のどこかのプリンタがガチャガチャ言って、頑張って印刷してるかと思います。

QRコードを読み込ませて、発送予定日を入力するだけなので、非常に簡単ですぐ終わります。

慣れれば1分くらいで印刷出来るのではないでしょうか?

印刷中・・・

メルカリで発送完了通知

プリンタからこんな感じの送り状が印刷されます。

このラベルを発送物に貼り付けしますが、今回は店員さんがやってくれました。

こんな送り状だよ


配送物に送り状を張り付けて店員さんから控えをもらえば発送手続き完了です!

時短で簡単便利ですね!

ちなみに配送料はメルカリの売上から差し引かれますので、営業所でお金を支払うことも有りません。

発送準備完了


発送が完了したら、メルカリ側で発送完了の手続きをしましょう。

商品の画面に戻って「商品の発送をしたので、発送通知をする」を選択。

発送完了


発送をしたかどうか聞かれますので、発行完了後に「はい」を選択します。

はいを選択


これで発送手続き完了です!

いかがでしょうか?

送り状を書く必要が無いことで、かなりの手間を省くことができました。

この後は、通常の出品の流れになりますが、配送状況もこちらの画面から確認できるようになります。

手続き完了!

まとめ

それではおさらい!

【メルカリでネコポスを発送する方法】

  • 発送物を用意してアプリでQRコードを生成
  • クロネコヤマトの営業所に荷物を持ち込んでネコピットから送り状を印刷
  • 発送完了後はメルカリで発送完了を通知しよう

このように、メルカリでネコポスを利用すると、送り状の書き込みや印刷が不要で簡単です。

ただ、クロネコヤマトの営業所に持ち込みが必要なため、どうしても足を使う必要があります。

今後、コンビニでの発送に対応するか否かで利用のしやすさが変わってくるかと思います。

料金だけで言えば、クリックポストが164円で安く発送できるので、利用シーンに合った使い分けをオススメ致します。

また、ネコポスだけでなくて、第三種郵便ミニレターレターパックと日本郵便のサービスもたくさんありますが、こちらの記事でまとめておりますので参考にして頂ければと思います。

この記事が少しでもあなたの人生の糧になれば幸いです。

【関連記事】

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★

コメント

  1. […] ネコポスの送り方はこちらのサイトが参考になりました […]

    • たんたん より:

      ありがとうございます!
      これからも価値ある情報発信を心がけますので、宜しくお願いいたします!