ヤマトのネコポスはメール便の代替となるか?フリマサイト連携やコンビニ取り扱い等のサービス次第か…?

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

2015年3月3日、クロネコヤマトよりクロネコメール便廃止に伴う新サービスが発表されました。

「宅急便コンパクト」「ネコポス」という2つのサービスが発表されまして、それぞれカバーするサービス範囲は異なります。

どちらもまだ詳細部分は不明な点がありますが、既存サービスとの使い分けを行えば発送コストの削減を図れそうです。

この記事では、クロネコメール便の代替サービスになるかもしれない「ネコポス」についてお伝え致します。

【この記事で伝えたいこと】
ネコポスはクロネコメール便と同様の使い勝手のサービスの可能性有り!コンビニ取り扱い予定有りなので、フリマサイト等との連携次第では代替サービスとなりえるかも!
スポンサーリンク

ネコポスとは

2015年1月にクロネコメール便の廃止が発表された際に、小さな宅配便のサービスを新しく始めるとアナウンスおりましたが、公式HPで遂にサービス内容が発表されました。

まだ、詳細部分がでそろっていないところがありますが、展開内容次第ではメール便の代替サービスになる可能性があると考えております。

順に内容をお伝えしたいと思います。

サービス概要

発表されたサービス概要は以下の様なものです。

ネコポスのサービス概要


完全な個人ユーザ向けが利用できるわけでは無く、契約した事業者かクロネコヤマトと契約を行ったフリマサイトやオークションサイトの利用者が使えるサービスとのことです。

クロネコDM便は完全に個人ユーザが利用できない仕様になっておりましたので、メール便亡き後の個人ユーザをネコポスに取り込む意図があると想定されます。

既存サービスとの比較

ということで、既存サービスとの比較を行えば分かりやすいと思いましたので、全国一律料金で発送できる個人向けサービスと比較してみました。

個人向け発送サービス比較


比較してみると、大体の特徴が見えてきます。

  • 大きさはクロネコメール便より少しだけ小さいが、厚みは0.5cm増量
  • 全国翌日配達は非常に速い
  • 個人向け価格は提携サイトの料金次第
  • コンビニ取り扱いを順次展開
  • 郵便受けに投函
  • 専用の封筒等は無い為、クロネコール便と同じ利用方法になりそう(?)

ライバルとなるのは、間違いなくクリックポストでしょうね!

今見えているクリックポストとの差別化部分は、「全国翌日配達」「個人取引間サイトとの連携」「コンビニでも取り扱い予定有り」あたりではないでしょうか!

それぞれについて個人的な考察を。

全国翌日配達

全国翌日配達と言うのが、どこまでの一部地域を除くなのかは不明ですが、宅急便レベルの全国翌日配達と書いているので、クロネコメール便よりは遥かに早く届くのでしょう。

これはクロネコメール便との大きな違いですね。

「時間がかかってもいいから安く」ってのがクロネコメール便の武器でしたので、とにかく安価なサービスを提供する流れを、個人向け物流に価値を提供するという付加価値型サービスへと転換したのではないでしょうか。

フリマサイトやオークションサイトと提携してネコポスが利用可能になると、ネットで購入した商品が翌日に届くことになって、必然的にネット販売の回転率が上がると想定されます。

そして、提携サイトの回転率が上がれば上がるほど、ネコポスを利用する数が増えるので、「早く配達するという時短の価値」と「サイトと連携する利便性の価値」を合わせて提供することにより、「ネット販売の回転率加速に伴う、物流市場の活性化と全体的な利益の好循環」に繋がるのかと思いました。

いずれクリックポストヤフオク!と連携するのでは?と個人的には感じているので、まさに乱世に突入しているではないでしょうか(笑)

でも、コンビニ配送の場合でも翌日配達ができたらすごいですね!

宅配便はコンビニで取り扱いがありましたが、このサイズの個人向け物流サービスでコンビニからの発送が翌日配達出来たら、かなりの物流イノベーションですね!

個人取引間サイトとの連携

と、言いつつも、サイトとの連携方法がまだみえてないので、何とも言えませんが(笑)

なので、上述した通り、全国配達のサービスレベルと取引サイトとの連携による利便性向上を掛け合わせると非常に価値のあるサービスに発展するかと思いますので、どのように連携するかが非常に重要かと思います。

やっぱりクリックポストのようにラベルを個人宅で印刷して、コンビニor営業所で発送するになるんですかねー。

クリックポストがネコポスよりもサイズ制限が緩い中で全国一律164円というなかなかの価格帯で君臨してますので、提携サイトによる個人ユーザの料金形態が非常に重要になりそうですね!

ただ、事業者向け契約の価格が最大378円となっているので、クリックポストの164円には及ばない気はしますが・・・。

【—-2015年4月2日追記—-】
メルカリネコポスの連携について情報が発表されました!

メルカリから利用する場合は、全国一律195円(税込)で利用可能です!

コンビニでも取り扱い予定有り

これは非常に便利だと思います。

クリックポストはポスト投函発送が可能とは言え、大きいサイズになるとポストの口に入らない物もありますし、重量があるものはポストに投函した際の衝撃で破損する恐れがあります。

かといって、郵便局の営業時間内に窓口まで行くのも大変かと思いますので、ネコポスがコンビニで取り扱いを行ってくれれば、24時間365日いつでもどこでも(とまでは言いませんが)発送できる点は大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

また、コンビニでの支払い形態に準じる場合は、各種必殺技を利用して料金を節約することも可能です。

こちらもどのように展開していくのか続報を楽しみにしたいと思います。

まとめ

ネコポスはクロネコメール便とは少し毛色が異なり、低価格重視のサービスでは無く、安価な付加価値型のサービスに方向転換をしたものと思われます。

現時点では、料金形態やネットサイトとの連携方法が見えていないので、まだまだ続報次第ではありますが、価格によってはクリックポストと渡り合っていけるのではないでしょうか。

クロネコメール便廃止で勃発した個人物流戦争の今後の動きから目が離せませんね!

メルカリでのネコポスの利用方法はこちらを参考にして下さい。