[How To]スマートレターの発送方法を画像で解説!フリマやオークションで便利なサイズだよ!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

2015年4月3日よりスマートレターが販売されるようになりました。

まずは東京都内からの展開ですが、試しに入手してみましたので、気になる発送方法をお伝え致します。

【この記事で伝えたいこと】
スマートレターの発送方法は簡単!レターパックと同じ感覚で専用封筒に発送物を入れてポスト投函で発送可能!
スポンサーリンク

スマートレターの発送方法

手順としては大きく分けて以下の3ステップでして、レターパックと同じ要領で簡単です。

  1. 宛名と発送元を記入する
  2. 発送物を封入する
  3. ポスト投函 or 郵便局持ち込みで発送する

発送準備

2015年の4月は東京の郵便局等で先行販売を行い、5月より首都圏で展開していく予定だそうです。

そのため、まだ大阪では切手SHOPでしか入手することができませんが、つてをたどってgetしました。

見た目はこんなんですね。

表面に届け先と依頼主の住所情報を記載する所があります。

これがスマートレターだよ


裏面はこんな感じです。

レターパックと同様で封入用の貼り付けシールがありますので、テープやノリは必要有りません。

スマートレターだよ(裏面)


今回発送するのは、日本人のためのピケティ入門って本です。

薄くて一瞬で読み終えたので、メルカリで売りまして、新しくgetしたスマートレターで発送しようという感じです。

組み立て後の大きさを測ってみたら23cm×15cm程度だったので、A5サイズの本で2cm以下のものはちょうど良いサイズかと思います。

ピケティを発送致します。


先ほどの本を封入して、宛名と発送元も記入致します。

スマートレターの端には裏表それぞれ1cmマチがあり、折れ線にそって組み立てると厚さが2cmになります。

組み立て後の大きさはたんたん愛用のA5サイズの陰山手帳より少し大きいサイズでした。

サイズはこんな感じ


横から見るとこんな感じで厚さ2cmになっております。

横から見たスマートレター


発送

スマートレターに宛名と発送元を記入して発送物を封入したら後は発送するだけです。

ポスト投函も可能ですし、心配なら郵便局まで持っていけば発送してくれます。

内容物の重さにもよりますが、ポスト投函が可能なので、24時間発送できると言うことで時間のしばりがありませんから便利ですね。

まとめ

スマートレターの発送方法は非常に簡単です。

封筒を購入さえしておけばいつでも手軽に発送可能なのですが、これからの地域展開がどれくらいのスピード感なのかは見ものかと思います。

ただ、封筒代込みで180円(税込)なので、基本的にはクリックポストの方がサイズも大きくて安価で番号追跡も可能で完敗です(笑)

唯一の違いはスマートレターでは信書を送ることができると言うことですね。

個人ユーザが信書を送るなんてことは少ないかと思いますので、クリックポストで間違いないとは思いますが・・・(汗)

関連する記事を他にもまとめてますので、オークションやフリマアプリでの発送方法の選択肢の1つとして参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★