スマートレターを既存サービスと比較!メール便の代替手段となりえるか…?

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

2015年3月6日(金)、日本郵便がクロネコメール便廃止の代替サービスを狙った(?)「スマートレター」というサービスを発表しました。

その名の通り、レターパックと小さくしたようなサービスとなっております。

2015年3月末にクロネコメール便の廃止を控え、大きく変化している個人向け発送サービス市場ですが、この新しいサービスはどのように食らいついてくるのか。

この記事では、「スマートレターとはどんなサービスなのか?」「クロネコメール便の代替サービスとなるか?」についてお伝えしたいと思います。

【この記事で伝えたいこと】
スマートレターは絶妙なポジションを狙ったサービス!個人ユーザはクリックポストの利用で良い気がする・・・?
スポンサーリンク

スマートレターとは

2015年3月6日のプレスリリースでスマートレターのサービス内容が発表されました。

サービス開始が2015年4月3日からで、クロネコメール便が廃止された直後にサービス開始されます。

キャッチフレーズは「手軽で使いやすい封筒型郵便新サービス」らしいです。

まさに、クロネコメール便の後釜を狙ったサービスリリースと思われますが、キャッチフレーズのゴロが良くないと思うのはたんたんだけでしょうか・・・笑

では、そのサービス内容を順にお伝え致します。

サービス概要

プレスリリースにも記載がありますが、クロネコメール便と同じ様なサービス内容で、料金が一律の180円(税込)のサービスとなっております。

参考にレターパックライトの記載がありますが、大きさ・厚み・重さ・信書が送れるという点では、レターパックライトの半分くらいの荷物を送る半額サービスというイメージですね。

スマートレターとは

利用にあたっての注意点

現時点で発表されている内容を見る限り、利用の際の注意点はこんな感じでしょうか。

  • 専用封筒を購入して荷物を封入して発送する
  • 販売開始日は2015年4月3日(金)で初めは「東京都内の郵便局、切手販売所、切手SHOP」のみで取り扱い
  • 2015年5月より千葉県・埼玉県・神奈川県等に拡大し、以降順次展開予定

まずは、東京から始まり、関東にじわじわ展開していくみたいなので、大阪までサービスが届くには少し時間がかかりそうですね。

人柱って程でも無いでしょうけど、サービス開始速攻で切手SHOPでモリっと購入して、試してみましょうかね・・・。

スマートレター利用の際の注意点


ちなみにこんな感じの色合いだそうです。

レターパックの子供みたいな感じでしょうかね、なんか安っぽく見えるのは180円の値段相応というところでしょうか。

スマートレターの特徴

クロネコメール便等との比較

ということで、全国の個人発送ユーザが気になって眠れぬ日々を過ごしているであろう「クロネコメール便の後釜サービスとなるか?」についてですが、クロネコメール便と比較をして考えてみましょう。

と言いつつ、こちらの記事でまとめてみた内容にクロネコメール便とスマートレターを追加して個人向けの全国一律発送サービス軍団と比較してみました。

個人向け発送サービス一覧


着払いや料金後納棟、スマートレターに関しての詳細な情報がすべてはリリースされていないので、既存のサービスとの性質比較して想定で記載している部分もありますが、やはり小さいレターパックライトってイメージですね。

信書が送れる封筒型サービスの中では一番小さくて安価な物になりますね。

実際に使えるのか・・・?

このように他のサービスと比較してみまして、実際に使えるサービスなのか?を考えましたが、「個人はクリックポストでええんとちゃうの!?」がたんたんの考えです(笑)

確かにレターパックライトと比べると、半額の値段で信書を含む小さな発送物を送ることが可能ですが、レターパックライト以下のサイズの多くはクリックポストでカバー出来るかと思います。

クリックポストとスマートレターの大きな違いは、「信書が送れるかどうか?」になりますので、「定型外郵便101g以上、レターパックライト未満の信書を送る際にはスマートレターが安価である」となるかと思います。

ただ、1つ疑問が。

個人ってそんな信書を送る機会って無くないですか・・・?笑

たんたんはこのあたりの個人向けサービスをネットで売れた商品の発送に利用して使い分けてはいますが、未だ以って信書を送ったことはありません・・・。

と言うか、自分が持っている信書なんかはネットで販売しませんもんね・・・。

また、ネット販売で利用するユーザが商品の発送で利用するサービスは、基本的に安価であればある程、受けがいいです。

で、そういったユーザが信書をあまり送らないと言うことを考えると、クリックポストの方が料金も安く、サイズも大きいので利用しやすいかと思います。

なんらかの理由で信書を送るユーザがいればスマートレターは便利ですが、定型外郵便と同様に補償はありませんし、追跡番号が必要ならばレターパックライトを選択するしかありませんので、既存のサービスとの棲み分けが良く分からんなぁってのが本音です。

出先で急に信書や2cmまでの物を送りたくなった人が封筒を持って無い場合は、封筒一体型で利用できるサービスがあれば便利かと思いますが、たんたんはあまり利用することは無い気がしますね・・・。

まとめ

現時点では、スマートレターのサービス内容詳細(料金後納・着払い等)までは発表されておりませんが、既存サービスの性質との比較で推測するに、メリットを享受できるユーザ層がそこまで多くないのでは?という感想です。

信書を送ることが無い個人ユーザは、基本的にクリックポストでカバーしている範囲かと思いますので、まずは様子見というところでしょうか。

メール便の代替サービスとしては、クリックポストが有力ですが、こちらの記事でまとめておりますので、参考にして下さい。

(2015.04.20追記)
スマートレターを手に入れましたので、発送方法についてまとめてみました!

新しいサービスの有効性もしっかりと見極めて賢く生きていきましょう!

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★