nanacoで5万円以上の料金を支払う際の注意点!1枚10万円まで支払い可能!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

nanacoでコンビニの収納代行料金を支払うことができるとこちらの記事でお伝え致しました。

ただ、nanacoはチャージできる金額が5万円までとなっており、5万円以上の明細を支払うにはひと手間必要になります。

この記事ではnanacoで5万円以上を支払う方法をお伝え致します。

【この記事で伝えたいこと】
nanacoで5万円以上の料金を支払うには、事前にセンター預り分のチャージが必要!金額によっては、複数回お店に行く必要があるので、期限に気を付けて支払いを!
スポンサーリンク

5万円以上nanacoで支払う方法

nanacoには一度にチャージできる金額は5万円となっております為、通常は5万円以上の料金を支払うことができません。

ただ、センター預り分を活用することで最大10万円までの料金を支払うことが可能です。
※1000円単位でのチャージしか出来ないので、99000円が現実的な最大金額にはなります

手順としては、以下の2ステップです。

  1. センター預り分も含めて5万円~最大10万円までチャージする
  2. レジで支払う際に一度残高確認をしてセンター預り分も利用して支払う

初めてこの方法を利用する時は戸惑うかもしれませんが、一度やってみれば難しいことではないと分かりますので、一度で身につけることができると思います。

では、順に方法をお伝え致します。

事前の準備

まずは、今回の状況をお伝えします。
※分かりやすくする為、端数は省いております。

  • マネー残高:1万円
  • センター預り分:4万円
  • 支払いたい金額:91500円
①nanacoに1万円クレジットチャージを行い、センター預り分を5万円限界までチャージしてください。

  • マネー残高:1万円
  • センター預り分:5万円
②セブンイレブンのお店でnanacoの残高確認をすることで、センター預り分を反映させます。マネー残高が5万円までチャージされ、その分の4万円がセンター預り分から引かれます。

  • マネー残高:5万円
  • センター預り分:1万円
③再度、nanacoに4万円クレジットチャージを行い、「マネー残高とセンター預り分を合算した金額」が「支払いたい金額(91500円)」以上になるようにチャージします。

  • マネー残高:5万円
  • センター預り分:5万円

これで準備OKです!

お店での支払い

まずはお店の人に「今からややこしいことをしますので時間がかかるかもしれません」とお伝え下さい。

たんたんは、今までに2回この方法で税金を払う機会がありましたが、どちらの店員さんもこの対応は初めてだったみたいで戸惑っていましたので・・・。

2回目の時は店員さんが「へー、こんなこともできるんですね!」って関心してました(笑)

ここまでnanacoを使い倒しているのは、マネー系ブログの方たちが大多数を占めるのでは?と個人的には思ってます(笑)

では、支払い方法ですが、以下の順番で行って下さい。

  1. 普通にnanacoで支払う
  2. すると、5万円分代金が引かれますが、残りの分が足りないとピーと音が鳴りレジが赤く光ります
  3. ここで、「センター預りで5万円あるので一旦nanacoの残高確認をお願いします」と店員さんに伝えます
  4. 高い確率で店員さんが困った顔をしながら、残高確認にチャレンジしてくれます
  5. ピョロリとnanacoの音が鳴ってセンター預かり分がチャージされます
  6. チャージ分で先ほどの支払いを続けます、支払いは通常通りです

このように支払いに中に、一度残高確認を挟むことでセンター預かり分も利用するのがミソです。

会社員は5万円以上の税金を一度に支払う機会は少ないかと思いますが、自営業の方ですと国民年金・国民健康保険・住民税等の場合、5万円を超える請求書が来ることもあるかと思いますので、この方法が有効です。

以下が支払い時のレシートですが、「nanaco支払」の記載が2つ有ります。

1回目の49000円は元々のチャージ分で支払ったもので、42500円は支払い途中にレジで残高確認をしてもらったセンター預り分をチャージして支払ったものです。
※一緒に友達の結婚式二次会で景品として使用するLINEカード1000円分を購入している為49000円となっておりますが、この時nanacoは5万円満タンチャージして挑んでます

91500円の領収書

注意点

nanacoへクレジットチャージをする際には、何点か注意点があります。

nanacoクレジットチャージの制限

チャージ制限有り

nanacoにクレジットチャージをする時は、1カ月で20万円・15回以内のチャージ、1日3回までのチャージ制限があります。

また、1回にチャージできる金額は1000円単位で5000円以上29000円までとなりますので、チャージする際は基本的に29000円に近い金額でチャージして下さい。

少ない金額でチャージしてしまいますと、月の15回制限に引っ掛かる可能性がありますので気を付けて下さい。

チャージは1000円単位

チャージが1000円単位な為、例えば、nanacoが5万円チャージされていて、センター預りが49001円の時はこれ以上チャージできません。

あまり機会は無いとは思いますが、99001円~100000円の間の料金を支払いたい時はnanacoの残高を調整しつつチャージすることが必要になります。

まとめ

nanacoで5万円以上の支払いをする際も事前準備をすれば難しくありません。

店員さんも不慣れなことがあるので、なるべく事前に伝えつつ忙しくないタイミングを狙って支払いましょう。

nanacoにクレジットチャージをする方法はこちらの記事を参考にしてください。

nanacoを賢く利用して生活費を節約して下さいね!

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★