Rポイントカードの使い方・入手方法・お得度合いについて考えてみた

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

Tカードをはじめとする、共通ポイントカード。

Tポイントカードですと、Yahooだけでなく、ガストやロッテリア等の飲食店でポイントが使えるだけでなく、ENEOSや三井のリパークやマルエツ等でも使用できたりと、非常に提携の幅が広まっていますね。

調べてみて驚く程増えていたので、びっくりしました(笑)

そうしてTカードが着々と提携先を増やしていると、今度はPontaカードがリクルートポイントと提携しだしました。

両者互いに提携しまくってにらみ合いを続けていたところに、2014年10月1日、Rポイントカードがにらみ合いの中、間を割って入ってきました。

そう、共通ポイントカード戦国時代の幕開けです。

と、たんたんも楽天市場は良く利用するのですが、Rポイントカードのことは知らなかったので、どんなものか情報をまとめてみました。

【この記事で伝えたいこと】
Rポイントカードはこれからに期待!まずは無料で発行して財布に入れてみてはいかが?
スポンサーリンク

Rポイントカードとは

まず、Rポイントカードは楽天会員に提供されるサービスで、加盟店での支払い時に共通ポイントカードを提示することで、楽天スーパーポイントを支払いに充てたり、支払い額に応じて楽天スーパーポイントが貯まると言うものです。

Tカードとかと同じノリで、楽天版って感じですね。

大まかな特徴としてはこんな感じです。

  • 楽天スーパーポイント(期間限定Pも可)をリアル店舗の支払いに充てることができる
  • 1回のポイント利用は50~3万ポイントまで
  • 1ヶ月のポイント利用は10万ポイントまで(ダイヤモンド会員は50万まで)
  • ポイントの付与は利用から3~5日後が目安
  • Edy決済&Rポイントカード提示時は両方のポイント分が付与される(対応店舗のみ)
  • 楽天スーパーポイント⇔Edyの相互交換が可能
  • 1つの楽天アカウントに3枚の楽天ポイントカードを紐付けすることが可能
  • Rポイントカード紛失時は、ネットから利用停止させることが可能

一番のオススメポイントは「期間限定ポイントが使える」ってところではないでしょうか。

みなさんご存じの通り、楽天さんはキャンペーンでポイントを付与して販促するスタイルでして、その度に期間限定ポイントを付与してもらうものの、少ないポイントでは楽天市場で商品を購入するには全然ポイントが足りずに、期限が来て消滅・・・。

なんて経験があるかと思いますが、コンビニ等のリアル店舗で、50ポイント~制限はあるものの、期間限定ポイントも含めて使用できるのはポイントが無駄にならずにすみますね。

加盟店一覧

2014年12月現在ですと、正直、加盟店は少ないです。

あこぎで体力のある楽天ですので、これからゴリゴリ加盟店を増やしていくかと個人的には思ってますが、2014年現在の対応状況をまとめてみました。

加盟店一覧

それぞれのお店について生活の為にポイントを利用する目線でお得度合いを考えてみます。

サークルK・サンクス

このあたりのコンビニが一番使い易いのではないでしょうか。

決してどこにでもあるコンビニではありませんが、現状Rポイントカードが使用できる店舗としては一番多いので、利用する方はカードを発行して忘れずに提示しましょう。

これが公共料金やクオカード等の支払いに充てれたら最強でしたんですが、まぁそんなに甘くないですね・・・

ポプラ・生活彩家

こちらも店舗は多くはありませんが、使用しやすいですね。

サークルK・サンクスと同じかと思いきや、1つ大きな違いがあります。

それは、「楽天チェック」に対応していることです。

+αでポイントをもらうことができますね。

出光

これ、正直使えないと思います・・・汗

なぜなら、クレジットカード支払いの際に使うことができないからでして、それすなわちまいどプラスカードで支払った際に楽天スーパーポイントが付与されないと言うことです。

ガソリンスタンドは日々の動線にある店舗の中から最安値を選択することが多いと思いますが、出光で最安値でガソリンを入れるにはまいどプラスカードが必須です。

それと併用できないので、出光でRポイントカードを提示するメリットはあまりないかと思います。

たんたんも出光ユーザなので、これは・・・!?と思いましたが、残念な感じでした汗。

クレジットなんか絶対にもたん!って方にはオススメかとは思いますね。

大丸

百貨店なので、そもそも生活必需品じゃない感がすごいですが、楽天スーパーポイントが貯まり倒してる方は一気に使えそうですね。

ただ、高額商品の場合は、買う前に普通に楽天市場と比較した方が良いかと思います。

あと、大丸の中で対応している店舗とそうでない店舗があるみたいですが、大丸のHPをみても書いてません。

むしろトップページには↓のように、Rポイントカードの記載すらありません(笑)

大丸で使えるポイントサービス

内部の別ページに飛ぶと紹介はあるものの、どこの店舗で使用可能はRポイントカードのサイトにリンクしているだけで、Rポイントカード側も詳細は大丸の公式サイトを見てくれ相互リンクしているだけという状況(笑)

実際にお店に行ってみないとどれだけの店舗で使用できるか不明ですが、百貨店で買い物をする際にRポイントカードを提示して貯めるに徹するのが無難では無いでしょうか。

松坂屋

こちらも大丸と同様で、トップページには表示が無く、相互リンクで使えるお店は不明です(笑)

松坂屋で使えるポイントサービス

ミスタードーナツ

ミスドは個人的には一番ありかなと思ってます。

なぜなら、今まで電子マネーやクレジットカードが使用できなかったからです。

「ミスドにちょこちょこ行く」かつ「楽天市場をちょこちょこ利用する」というユーザさんはぼちぼちいるのではないでしょうか?

ただ、ポイントが使えるからと言って、無駄にドーナツ食べるのはやめてくださいね(笑)

PRONTO

こちらは楽天Edyと親和性の高い店舗でして、Edy搭載のPRONTOメンバーズカードを提示すると、ドリンクが10%offになったりします。

Rポイントカードを提示した際のポイント付与率は0.5%と低かったり、Edy搭載のPRONTOメンバーズカードは500円したりしますが、普段から利用する方は必携でしょう。

パレットプラザ・55ステーション

特筆すべき点はありませんが、普段利用される方はRポイントカードを持っていた方がいいでしょう。

ミュゼプラチナム

こちらも、同上ですね。

得タク

こちらも出光と同様現金払いのみとなっておりますので、微妙かと思います。

Rポイントカードの付与率が0.5%なので、それ以上の還元率のクレジットカードで支払う方がお得ですね。

アリさんマークの引越社

あまり利用する機会はありませんが、月~木の8P/100円は破格ですね!(笑)

引っ越し代金なので、数万円とかの世界ですから、それの8%となると結構すごい額が一気に貯まりそうです。

紹介割引と併用できない点のみ気を付けてください。

日通

こちらもポイント付与率が2%なので、還元率だけみれば悪くないと思います。

見積もりの際にRポイントカードの提示が必要なので、その点には気を付けてください。

釧路ポイントカード事業協同組合

個人的にはこんな組合が遭ったってこと自体も新鮮なのですが、そこにまだ始まって間もないRポイントカードを導入したって決断した方がすごいと思います。

こういった地方のイノベーションはぜひとも成功して活気づいて欲しいですが、釧路限定なので地元の方以外はなかなか利用できるタイミングは少ないですね・・・。

釧路にお住まいの方はRポイントカードを発行して損は無いのではないでしょうか。

Rポイントカード発行方法

Rポイントカード発行する方法は3つあります。

提携店舗で発行してもらう

提携店舗のうち、Rポイントカードを配布している店舗に行って、「Rポイントカード下さい」と言えば、無料でもらえます。
※ポプラは発行時に100円必要で、一緒に100円のクーポン券をくれます。

色んな種類があるので、デザインで選んでみてもいいでしょう。

Rポイントカード一覧


Edy付きのRポイントカードもありますが、こちらは発行にあたり料金がかかりますので、どれくらい利用するか考えた上で発行した方がいいかと思います。

Edy-Rポイントカード一覧

  • 楽天Edyオフィシャルショップ、ポプラ・生活彩家:309円(税込)
  • カフェ&バーPRONT:500円(税込)

  • たんたんは、先日、サンクスでRポイントカードを頂いてきました。

    店内にこのようなカード入りのパンフレットが置いてあり、ご自由にお取りください状態でした。

    店員さんに「Rポイントカードを下さい」と伝えると、使用方法のパンフレットと一緒に渡してもらえました。

    サンクスにおいてるRポイントカード①

    サンクスにおいてるRポイントカード②

    楽天で購入する

    楽天Edyショップで100円(税込)で購入できます。

    リアル店舗で無料で発行できるので、スーパーシンプルな楽天デザインに執着がない限りは利用しないかと思います。

    スマホアプリを利用

    スマホアプリを利用すると、店舗でアプリのバーコードを提示するだけでよくなります。

    すべての加盟店がアプリに対応している訳ではないので、結局はカードとスマホアプリの両刀になるでしょうか、スマホアプリ対応加盟店しか利用しない方は、アプリのみで大丈夫そうですね。

    まとめ

    2014年12月時点ではまだまだ始まったばかり感が強いRポイントカードですが、これからどんどん三木谷ワールドが広がってくるでしょう。

    TカードやPontaカードにとってかわるにはまだ時間が必要そうですが、もてあましていた期間限定ポイントの使用範囲が増えたのは朗報ではないでしょうか。

    まずは、加盟店で無料で発行してもらって行くことがオススメかと思います。

    よりよい利用方法を発見できたらどんどん更新いたします!

    スポンサーリンク

    ★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

    ★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★