おつりが出る!ジェフグルメカードが使える店と賢い使い方は?

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

みなさんはジェフグルメカードを御存じでしょうか?

金券の一種なんですが、有効期限が無いし端数分のお釣りが出るという特徴があり、金券界の中でもかなりの異端児(?)的な存在なのです。

そんなジェフグルメカードをうまく利用することができれば、食費を節約することができますので、使い道と賢い利用方法をお伝え致します。

【この記事で伝えたいこと】
ジェフグルメカードは期限が無くおつりが出るので、常に持ち歩いていて必要な時に支払いの手段とすれば節約に役立つ!額面以下で入手できたらその時点で得したことに!
スポンサーリンク

ジェフグルメカードとは

まずはジェフグルメカードとはなんぞ?ということですが、公式サイトにあるように正式名称は「全国共通お食事券ジェフグルメカード」でして、全国35000店舗の飲食店で使用可能な500円の金券です。

名前長い(笑)

ジェフグルメカードとは


押さえておきたい特徴としては、以下の通りです。

  • 現金との引き換えは出来ない
  • 有効期限は無い
  • 端数分のおつりが出る
  • 1枚につき5円を東日本大震災復興支援事業に寄付する(東日本復興支援ジェフグルメカードの場合)

他の金券を凌駕する特徴として、「金券なのにおつりが出る」ってところがあります!

改めて公式サイトを確認したら、有効期限が無いことは記載がありましたが、おつりが出るって記載は見当たりませんでした・・・汗
※見つけれて無いだけでしたらすみません

また、有効期限がありませんので、おつりが出ることも合わせると、利用可能なお店においては現金と同じ感覚で使用することが可能ということです。

使える場所

2015年2月現在、全国35000店舗の飲食店で使用可能ということですが、どういった所があるのでしょうか。

利用可能な店舗

と、非常にたくさんの店舗で使用可能です。

全部のお店で試した訳ではありませんが、「一部店舗で利用不可」と言った表記がありませんので、記載のある飲食店の全店舗で利用可能なのでは無いでしょうか。

ファミリーレストラン

和食・寿司・洋食・しゃぶしゃぶ・焼肉など

ファーストフード・テイクアウト・宅配・他

居酒屋

賢く使うには

さぁ、ここからがジェフグルメカードを利用した節約方法の紹介です!

プレゼントで頂いた場合は、好きなお店で利用すればよいのですが、まだお持ちで無い方もうまく利用することで食費の削減につなげることができます。

無駄に使わない

まず一番大事なのはジェフグルメカードを持っているからと言って「無駄に使わない」と言うことです!

金券を持っているから不用意に外食をしてしまうと無駄な支出となってしまいます。

そのため、ジェフグルメカードを持っていなくても立ち寄る予定だった飲食店での支払いに使用すると言うのが大前提となります。

額面より安く手に入れる

金券ショップ等ですと額面以下で売っております。

額面よりも安い値段で入手することができましたら、その時点で得したことになります。

お店によってかなり異なりますが、金券ショップで478円で売っているのを見ました。

478円で500円の金券が入手できれば、4.4%引きの値段ですね。

ヤフオク!でも販売しておりますが、ネット販売の場合は送料がありますので、数万円分くらい買わないとあまり安くはなりませんので、お気をつけください。

月に20回松屋で牛丼を食べる人の例

例えば、「お小遣いが月2万しか無いので食費を節約しつつ、野菜も取りたい」と考え、いつも松屋で昼食を済ませるサラリーマンがいるとしましょう。

心を鬼にして、松屋の牛めし野菜セット(大盛り)を月に20回食べた場合、合計の出費は10800円です。

牛めし野菜セット

その支払いすべてに478円で入手したジェフグルメカードを使った場合の節約額は880円です!

支払い総額の8.1%程で、2食弱分がタダになりましたね!

一年続けると10560円になり、かなりの金額になります!


鋭いみなさんは4.4%引きで購入したのに何故8.1%引きになっているのか?と思われるでしょう。

ジェフグルメカードはお釣りが出ると言う必殺技を持っているため、500円の倍数+ちょっとの金額で支払いを済ませた方が割引率が高くなるのです!

今回の場合、478円で購入した場合は、500円毎の支払いで22円キャッシュバックされていると思えばよいのです。

先ほどの牛丼は540円の商品に対して44円のキャッシュバックがあった為、8.1%の割引となるのです!

月に20回も松屋で食事をすると顔がテカテカになってしまいそうですが、よく利用される方は間違いなく利用した方がお得です。

飲み会の建て替えに使用する

個人での利用でも節約に繋がることをお伝えしましたが、ジェフグルメカードは飲み会の支払いに充てることも可能です!

WATAMI等の居酒屋の支払いに充てることができますので、飲み会の幹事を引き受けて支払いをすべてジェフグルメカードで支払えばお金を浮かすことができますね!

まー、幹事としてのお駄賃と言った感じでしょうかね。

人数が多くなればなるほど支払いの額面が大きくなりますので、キャッシュバックも大きくなりますね。

30000円の支払いを478円で入手した金券で支払った場合は、1320円ものキャッシュバックになります。

飲み会の出費を減らす方法は他にもたくさんありますので、こちらの記事も参考にしてください!

安い時に買って、常に複数枚持ち歩く

と、このように利用シーンを考え、最終的にどのようにするのが一番良いのか?ですが、「額面以下で購入しておいて、常に複数枚を持ち歩き、支払いに充てて節約する」だと思います。

有効期限もありませんので、私は飲み会の様な一気に使用するシーンも考慮し、「お金がある時に数万円分買っておいて、それを使ったら補充する」というスタイルで有効活用しております。

ちなみに今までで利用したのは、個人では松屋やモスバーガーでの食事等で、大人数ではWATAMIや友達の家でのピザパーティ(ドミノ・ピザ)での支払いとかですね。

年間通じると意外と利用する機会がありますので、金券ショップを覗く癖をつけるとよいかと思います。

まとめ

ジェフグルメカードは有効期限が無く、おつりも出るという非常に優秀な金券です。

額面以下で入手することも可能なので、安くで仕入れて節約につなげてください。

出来ることから少しづつ、毎日の節約が未来の自分を助けてくれるのです。

ぜひとも賢く利用してください!

【関連記事】

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★