借金でお困りならまず相談!無料で利用できる公的機関がある!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

親と言うか父についてなんですが、子供が借金を返済しても一向に生活スタイルを変える訳でも無くて困っていたので、NPO法人さんに相談してきました。

相談したのは、NPO消費者サポートセンターと言う所です。

※了承を頂けましたのでご紹介いたします

相談して思ったのは、「借金で困っているなら早めにプロに相談した方がよい」と言う事でした。

やっぱり素人がどうこうするより、プロの方が選択肢もたくさん持ってますし、話を聞いてもらうだけでもかなり楽になるからです。

色んな境遇や環境もあるかと思いますが、実際に相談して思った事や感じた事を記事にしましたので、読んで頂けた方の何か参考になればと思います。

※私が親の借金を返済した話についてはプロフィールをご参考に!

【この記事で伝えたいこと】
お金の問題は一人で悩んでいると非常にツライ。やられてしまう前に専門家に相談した方がいい!
スポンサーリンク

私が困っている事・相談した内容

と言うことで、今回持ちこんだ悩みはだいたいこんな感じです。

  • 昨年に子供の金を集めて父の借金を返したが、一向に金銭管理や節約・我慢をする気配が無い
  • 2015年8月より収入によって介護保険の負担率が2割から1割にあがるけど、「なんとかなる」と言って何も考えない父をどうにかしたい
  • 2人の弟は無職(27)&フリーター(24)だが、定職についていない危機感が一切無いのでどうにか意識を変えれたい
  • うちはマネーリテラシー的に底辺の家庭ではなかろうか?

ざっくり相談の結果は、「本人が困ったと思わない限り行動を変えるのは難しい」と言った感じでした。

相談の内容をそれぞれお伝え致しますね。

父が変わろうとしない、このままだと資金がショートする自覚が無い

個人的にはここが一番困っている内容でして、昨年に父の借金を返済しましたが、父の行動は以前となにも変わっていません。

具体的にどんな感じかと言うと。

  • 仕事が終って終わって返ってくると、酒を飲みながらテレビを見るだけ
  • 休日も同様にテレビを見る・寝る・食うをするだけで、家計の見直しや支出の把握は一切しない
  • 母の介護保険料の値上げが見えているのに「なんとかなる」と言って何も対策を考えない
  • 現時点で毎月5万円の赤字が出ており、あと1,2か月で口座がショートするけど何もしない
  • こんな状況でも毎日酒を飲み、毎週末は食べたくなったモノを外に食べに行く
  • 水を止める、電気を消す、無駄な買い物をしないと言う節約・我慢を一切しない

と言う感じで、借金返済の前から何も変わっていないんですよねー。

まぁ、結局のところ自分がお金の管理をしなければいけないという自覚が無いんです。

ホント残念です。

自分がお金に困らない限りは人は変わらない

と、言う感じでどうにかならないかなぁっと相談員の方に話してみた結果。

「自分が困らない限りお金にルーズなのは治らない。子供が借金を返しても自覚が無いようならおそらくもう無理かもしれないね」と言う回答でした。

相談員さんは他にもたくさんの方の相談を受けており、色んな家庭を見られている方。

中には、相談員さんのところに当人を連れていくことで改心する方もいるとの事ですが、一番大事なのは借金を作った人自身が困っているかどうか?との事。

少なくとも、うちに父は毎月お金がマイナス5万になっている事を困っているそぶりは有りませんし、あと1,2か月で預金がショートする状況でも何も行動はしておりません。

ようは、困って無いんですよね。

どう考えても家族に迷惑をかけることになるのに、我慢も節約も努力もしない。

正直、理解が出来ませんが、本人が困って無いならどうしようもないですもんねー。

自分がつぶれてしまっては意味が無い。家族を捨てるという選択肢もある

正直、私は家族と縁を切る覚悟でいます。

なぜなら、家族の尻拭いをし続けると自分の人生がつぶれてしまうからです。

親の借金を返済する際に「一時的に実家に戻ってきたが、長居するつもりは無いんで、自分で家計を管理する覚悟をしてくれ」と伝えたものの、1年経った今でも以前とやっている事は全く変わらず。

むしろあの頃からすると、母の収入が無くなり介護保険の出費がかさんでいるので、家計はとんでもなく悪化しております。

こんな状況に陥ってもお金と向き合う努力をしないので、もはや死ぬまで私の想いは届かないだろうと思ってます。

周りの人がしんどい想いをしているのが当人には伝わらない事もある

そうして毎月預金残高が減っていくのを見てなんとも言えない絶望感に浸っているのは私ただ一人。

おそらく首が回らなくなって再び借金を作るでしょうけど、今度は助けません。

だって努力してないんだもの。

周りから見れば家族を見捨てると言うのは冷たい人間と思う方もいるでしょうけど、そうしないと自分がつぶれてしまうなら家族を捨てた方が良いと思います。

相談員の方も「自分がつぶれる前に距離を置いた方がいい。本人が困らない限り変わらないので、助けてあげても何も変わらない」とおっしゃってました。

まさにその通りかと。

人間、変わらないならどこかで線引きする必要があると感じました。

2人の弟が自身で生きていく能力が無いけど、どうしたら危機感を持つようになるか?

こちらの悩みへの回答も「本人が困らない限り、変わる事は無いと思う」と言うものでした。

私の両親は子供にお金で迷惑はかけないと常々言ってました。

その為、両親の月々の収入や収支は全く知ることはありませんでした。

※言ってる事とやってる事が全く伴ってませんでしたが

私はその後1人暮らしを始めたので、生活する為に必要なお金の金銭感覚は身につけているつもりですが、2人の弟は今に至るまで生活に必要なお金がどれくらいかかるか分かっておりません。

まさに実家暮らしの弊害ってところですかねー。

また、フリーターを転々としていたので、人より長けたスキルも特には無く、誰でもできるアルバイトで雇ってもらうしか有りません。

そんな状況では、とても自分1人で生きてく事はできないと思ってますが、本人たちは年相応の能力を身につけれていない事に危機感を覚えていないのです。

なぜなら、今の生活で本人たちは困っていないから。

親も親でそういう生活を続けることがどれだけ未来への負債か分かって無かったので、特に定職に就く事をうながす事もなく。

私が実家に戻ってきてからは、時々「しっかりと働けるスキルを身につけないと将来が苦しくなる」とは言ってますが、言った時は険しい顔をするものの数日経つと忘れてしまっている状態です。

これも残念な事ですが、本人が困らない限りは変わる事は無いのでしょう。

やっぱり、人間壁を乗り越えないと成長しないんです、ツライことから逃げてばかりでは逃げる能力しか身に付かないのです。

俺って底辺の家庭なのか・・・?

個人的には「マネーリテラシー的に言えばうちは底辺の家庭なのでは?」と、ここ1年ずっと思ってました。

比較するモノでも無いですし、単純な優劣は存在しないと思ってますが、相談員さんに聞いてみました。

すると「もっと大変な家庭はいくらでもある。全然底辺じゃないよ(笑)」との回答でした。

相談員さん曰く、ある家庭は両親が全く働かず、同居している子供の給料を全額家計につぎ込んで苦しい生活を送っているが、親はその生活になれてしまい働く意欲は一切ないとの事。

確かに「うちの場合は自分がそこまで苦しい思いをしている訳じゃないもんなぁ」と思い、まだましな方だなぁっと感じて少し気が楽になりました。

上を見ても下を見てもきりが無いと実感。もっと大変な人は他にもたくさんいるんだと。

もちろん、どう思うかはその人次第ですが、この程度でへこたれたらあかん!と思う事ができました。

借入金の引き直しを計算してみることを勧められた

アドバイスとして、過去の借入金が違法利息だった場合、引き直しで過払い金が戻ってくる可能性があるとの事。

計算をした上で、弁護士さんに裁判を起こしてもらうことでお金が返ってくるケースが良くあるそうです。

また、過払い金の時効は「返済時から10年」らしいので、例えば20年前に借入をして5年前に完済したモノが有れば、20年分を遡って計算することになるとの事。

長期間の借り入れが有った場合は、貸付の利息が付いているので数百万円の過払い金が返ってくる事も有るそうです。

ちなみに方法としては完済した業者に「取引履歴の開示」をお願いして、届いた書面から過払い金の計算をするとの事。

ひとまず、書面を持ちこんだら計算をしてくれるそうなので、今度相談しに行こうと思ってます。

その前に父から各業者に取引履歴の開示の電話をかけてもらうというハードルがありますが・・・。

年利20%を超える違法金利で借入をされていた場合は、一度相談してみても良いかもしれません。

払う必要が無かったお金が返ってくるなら、やらない手は無いですもんね。

相談できる公的機関

と、このように今回相談して思った事は「借金に困ったら早めにプロに相談すべき」だと言うこと。

相談件数も豊富で、過払い金請求等の解決法も知っておりますし、何より話を聞いてもらうだけでもかなり心の負担が変わりましたので。

やっぱり、お金の事は他人に相談しづらいですもんね。

でも、だからこそ思い悩み過ぎてツライ思いをしてしまう可能性があるので、早めに相談した方がいいです。

しっかりと匿名での相談で受けてくれましたし。

ちなみにこういった借金関係の相談をできる公共機関には以下のようなモノが有ります。

私の場合は自分でCICなる信用機関が有る事を調べ、そこから自身で借入総額等を計算して最終的に返済まで持って行きましたが、相談員さん曰く「本人に自覚が無ければ、他人が返さない方が良い事が多いので、任意整理や自己破産も手だったかもしれない」との事でした。

確かに、今の父を見るとベストな対応では無かったのかと思ったりします。

当時は必死になってどうすべきかを素人が1人で調べていたので、とりえる選択肢が少なかったんですよね。

今思えば、無料で相談できるなら早めにしておいた方が良かったなぁと思います。

なので、なにかお金で困ったらなら早めにプロに相談した方が良いと思います。

まとめ

それではおさらい!

【借金で困ってしまったら】

  • 早めにプロに相談する
  • 自分一人で悩まず誰かに相談する
  • 自分がつぶれてしまっては元も子もないので有る程度線引きは必要
  • どうにも変わらない場合は距離を置く選択肢も必要

と言う事で、やっぱり困った時はプロに相談した方が早いですし、経験豊富な方からアドバイスをもらうと心の重荷もかなり軽減されます。

もう、親の借金を返済して1年ほどですが、あの時に相談していればもう少し楽になってのかも?とか思ったり。

まぁでも、その時の大変さや悔しさがこのブログを立ち上げるきっかけになっているので、それはそれで良い経験になってはいます。

もしお金の事で困っている方がいましたら、なるべく早く相談することをオススメ致します!

お金に困ってつぶれてしまってからでは立て直すのに時間がかかってしまいますので。

相談も無料ですので、まずは話を聞いてもらうことだけも良いかと思います。

同じ様な境遇の方の参考になればと思い、この記事を書き記しました。


今回相談したNPO消費者サポートセンターさんは非常に親身になって相談に乗って下さいました。

地域は限られてしまいますが、電話相談やメールでの相談も受け付けてくれるそうですので、お困りの方はご相談されるのをオススメ致します。

NPO消費者サポートセンター
Tel:06-6782-5811
Mail:soudan@syouhisya.org

この記事が少しでもあなたの人生の糧になれば幸いです。

ちなみに、私が親の借金を返済した経験はプロフィールに書いてありますので、こちらもご参考に!

【関連記事】

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★