お金と向き合わない事は「分からない料」を払い続けると言う事。結果はすぐに出ないので、1つ1つ地道にやっていくしかない。

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

なかなか消えないお金に対する不安。

先日読んだ年利15%でふやす資産運用術に書いてあったデータでは、公的年金だけの収入では平均月4万4千円の赤字だそうです。

ほんとお金の事は早いうちから考えないといけないと感じる事ばかりです。

そんなお金の不安はどうすれば取り除く事が出来るのか・・・。

私も不安たっぷりの中で生きてますが、1つ確信している事が有ります。

それは「お金と向き合う事から逃げ続けている限りは、死ぬまでお金の不安から逃れられない」って事です。

両親の姿を見てそう考える様になりました。

この記事では、そんなお金の不安に対する私の想いを書き連ねたいと思います。

※途中で熱くなってかなり長くなってしまいました・・・

スポンサーリンク

私も浪費家でした

まず初めに、私はもともと浪費家でした。

給料が入ってきたら入ってきた分だけ使っていて、毎月の手取りが2,30万円あってもほとんど残っていない状況だったんですよねー。

あのころはバイクに無尽蔵に金をかけていましたね・・・(汗)

まぁ、愛車のスポスタちゃんがいたおかげで色んなところに連れて行ってもらったので、後悔はしてませんが。

でも、ある出来事がきっかけでお金に対してシビアに生きる事を決意したんですよね。

それは、親の借金を返済した経験です。

私の両親が借金を作った原因とは?

プロフィールにも有ります通り、このブログは親の借金を返済した経験が立ち上げのきっかけとなっています。

この借金は何とも性質の悪いモノでして、親にギャンブルやひどい浪費癖が有った訳では無く、本人たちは質素な暮らしをしていると思っていたんですよね。

父と母の収入を合わせると毎月手取りで40万円の程の収入があったので、質素な生活をしていれば赤字になるはず無かった。

しかしながら気づいた時には、300万円のキャッシングを積み上がっていた。

いったいなぜなのか。

その原因はたった1つ。

「どんな状況に陥ってもお金のことを考えなかった」と言う事なんです。

借金がある状況で定年後にかかるローンを組む暴挙

ちょっと長くなりますが、私の両親の当時の状況をお伝え致します。

ホントに今でも理解できませんが「お金に対して異常に怠惰だった」の一言に尽きるかと思います。


私の父は60歳の時に300万円の借金がある状態にもかかわらず、7年間300万円のフルローンで新車を買いました。

普通に考えればありえない事をしているのですが、毎月の収支を管理していない両親はどれだけ無茶な事をしているかも理解せずに、欲望だけで車を購入したんですよね。

「人生最後のわがまま」だと言って。

車を購入した際に60歳だったので、7年のローンを組むと定年を越えてもなおローンの支払いが続くのは目に見えていますが、そんな事はお構いなし。

また、毎月に支払いを少なくしたいと言うだけの思いで、頭金ゼロの7年間の84回払いで月々の支払いは38100円。

収入が激減するであろう定年後にまでかかるローンを組んだその時の実家の状況は、300万円の借入金が有る状態。

60歳で300万円の借金が有って、毎月赤字で返済の目途も立っていないのに、家計の見直しや改善は一切することなく欲望のまま300万円のフルローンを組む。

もはや、イカレているとしか思えません(笑)

でも、こんな事をする人間が私の両親で有ると言う現実は変わりません。

その時は私は1人暮らしをしていたので、家計がそこまでどん底の状態だったなんてことは知らず、むしろ「新車が買えるお金が有ったんや!」と思い嬉しく思っていたくらいでした。

支出を把握していないから赤字になる

車のローンを組んだ時点で借金が有ったので、毎月の収支は恒常的に赤字でした。

掛け捨ての生命保険に毎月6万円を支払う。

病院に行くのが面倒という理由で効果が良く分からないサプリメントに月2万円程を払う。

読みもしない月2000円の新聞、お金が無いのに契約し続けている月1万円の衛星放送、借金を借りてまで毎月4000円積み立てている互助会のお金。

私の両親は毎月自分が何に対してどれだけのお金を払っているかを全く理解していなかったんですね。

何も考えずに契約しまくった固定費への支払いでかなりの出費となっている状態でしたが、毎週末ごとに食べたいと思ったものは欲望のまま外食をする。

使いもしないかばんを欲望のままにポンポン買って、おかわりで旅行に行ったりライブに行ったりと浪費を止めることも無い。

そして、毎月の収支も把握しないので、見直しもしない。

更には浪費をやめる事も、無駄を省く事も、節約する事も、欲望を我慢する事も無かった。

そんなありえない状況だったので、赤字になるのは当然の事だったんです。

いやー、マジでたまらん!(汗)

どんな時でも改善することは無く、キャッシングを繰り返すだけ

毎月の収入が手取りで40万程あったのに300万円もの借金を積み上げるのは、必ずどこかに無駄な出費が有るはずです。

取るべき行動は家計の見直し・節約・無駄の削減・我慢などなど、たくさんやるべき事は有ります。

でも私の両親はそういった改善を全くする事無く、口座のお金が無くなりそうになったらカードローンでキャッシングをする。

そんな愚かな事を繰り返す事で、雪だるま式に借金を増やしていったんですよね。

リボ払いの超高金利で簡単にキャッシングするのに、月々の支出を把握しようとしない、電気は消さないし冷房も止めない、酒や外食は止めない。

でも、子供にお金で迷惑はかけたくないから子供には借金のことは言わない。

でも、新しい車が欲しいからフルローンで買っちゃおう。

でも、お金の事は考えたくないから見直しはしない。

ま、そんな状況で将来の事は何も考えずに借金を膨らまし続けて行った訳です。

お金が無ければ家族を守れない。わがままを言い続ける限りは他人に迷惑をかける人間でしかない

そして、忘れもしない2014年1月23日。

母がくも膜下出血で突然倒れてしまったんですよね。

ほんと、人生何が起こるか分からないモノですねー。

スーパー赤字家計に加えて母の収入も無くなった上、母の治療費が必要になったのですが、毎月の借金の返済はあって貯金も無い!

このままでは家賃も払えないし、母の治療費も払う事も出来ない・・・。

個人的には、死ぬほどの絶望感に襲われましたが、父はあいもかわらず「なんとかなる」と言って何もしようとしない・・・。

このまま父に任せていてもどうにもならない事は目に見えていた為、私が家計を兄弟のお金を集めて借金を返済をして家計の見直しに取り掛かりました。

そう、父は家族を守れなかったんです。

「なんとかなる。邪魔くさい。やっても変わらんやろ。」と言い続け、自分がやりたくない「お金と向き合う事」から逃げ続け、挙句の果てに母が倒れた際の治療費すらも払えず無い状況を見かねた子供に借金を返済される。

私の目に映る父の姿は「みじめ」以外の何ものでもありませんでした。

まぁ、当の本人はこの期に及んで「なんとかなる」と言い続けて、何もしませんでしたが・・・(爆)

お金と向き合わなければ、誰かの人生の為に自分の人生を犠牲にすることになる

と、お金について異常なくらい怠惰な両親でしたが、ある種の価値を生み出している側面もあったのかと思います。

それは、カードローン会社や保険会社の人たちを養うために、自らの時間を犠牲にして働いていたという事です。

毎月6万円もの掛け捨ての保険を、中身も分からず払い続けてくれるお客さま。

カードローンもリボ払いの超高金利な利息を延々と払い続けてくれる上得意様。

そんな自分たちの生活の足しにならないモノに対して自らが汗水たらして稼いだお金を払い続けてきた訳ですから、自分や家族の為では無く、その会社の利益の為に働いていたと言う事なんですよね。

自らの時間と労力を犠牲にして誰かの人生に捧げる。

そんな、両親の姿を見て植え付けられたお金に対する強烈な劣等感がこのブログの立ち上げ契機につながったわけです。

なんか、悲しいとか悔しいとかの次元では無い感覚でしたねー。


その時の本音を言えば、「自業自得の借金を返済する為に仕事しているこの人たちは、一体何のために生きているんだろう」と。

お金もない、家も無い(賃貸)、努力することも無い。

俺は、60歳にもなってこんな「何も無い人間」には絶対になりたくないーーー!!

心からそう思ったわけです。

まぁ、今となってはこのタイミングでよかったとは思います。

もし、自分に家族が出来て身動きがとりづらい時だったら、もっと大変な思いをしてたんでしょうから。

お金と向き合わない限りは「分からない料」を払い続けることになる

結局、日本で生きていく為にはお金の事は考えないといけないと思うんです。

みんなヒーヒー言いながら家計であくせくしているんです。

知らない分からないと言って、義務に近い努力から逃げる限りは、何らかの形でその代償を払う事になるのかと思います。

言い方を変えれば、分からない料を払いつづける事で、何も考えずに生きていく権利を得ることができるのかと。

私はぜーーーったいそんな人生を送りたくないので、日々お金と向き合う気持ちを持ってブログを更新しております。

FP3級、2級とお金の勉強をして、節約・収入アップ・投資となんやかんや自分の家計をベースに改善を実践してはいますが、効果を感じるのは少しずつ。

すぐには結果なんかでないのはあたりまえ。

でも、考えて努力して試行錯誤しない限りはお金にコントロールされる人生を送る事になる。

両親の背中を見てそう感じた2014年でした。

ホントつらかった(笑)

お金と向き合うには何からすべきか?

と言う事で、お金と向き合うにはまず何をすればいいのか?

正直、私も試行錯誤している中ですので、最良の方法は分からないです!

ごめんなさい!(笑)

でも、1つ言える事は「収入 – 支出 = 貯蓄」と言う事。

入ってきたお金以上に使わなければ、お金は残るというシンプルな話。

Myバイブルのとなりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則にもそう書かれています。

なので、私は「1に無駄の削減、2に収入アップ、3に投資」だと考え、トータルで家計のバランスを改善するべく日々格闘しております。

スマホは格安SIMに変えて、決済は全て高還元率クレジットカードに変え、買い物はヤフオク!メルカリ等のリユース品を積極的に利用して、お金がかかるバイクちゃんは一念発起して売却しました。

まだまだ試行錯誤しながら実践中なので、正しい道を進んでいるかは分かりませんし、どこまで家計をコントロールできるかは突き進んでみないと分からないのかと。

とはいえ、支出の把握は必須かと

とはいえ、「支出の把握は必須事項」かと。

何にどれだけお金を払っているかを把握していなければ、どこを改善すればよいかわからないですもんね。

去年に実家の家計の改善をする時も、収支を把握するのに非常に苦労致しました。

毎月利用しているサービスを誰も把握していないので、口座振替、請求書払込み、代引きの現金払い、日々の生活費の支払いと非常に多岐に分かれていたので、改善点を見つける前にまずは現状把握からと。

なので、まずはざっくりでもいいので、月々の把握から初めるのがお金と向き合う第一歩かと思います。

私はZaimと言うアプリで管理していますが、FPの横山光昭さんが提唱する「消・浪・投」での家計把握も手軽で便利かと思います。

支出把握の時点で意気込みすぎて続かなくなってしまっては本末転倒なので、手軽ところからやっていく感じでよいかと。

個人的には、転職で収入アップを目指すとか、株で一発当ててやるって意気込むよりも、まずは自身の支出の無駄を省く事が一番大事かと思います。

支出の無駄をなくさない限りは、不要なお金が出て行っている訳ですからね。

まとめ

それではおさらい!

  • お金と向き合わない限りは分からない料を払い続けることになると思う
  • 収入 – 支出 = 貯蓄
  • まずは支出の把握からかな

かなり長くなってしまいましたね・・・。

ここまで読んで頂きありがとうございます!!

過去の事に対する想いを書いていると熱くなってしまったもので・・・(汗)

と、家計の把握から初めて少しずつ改善して金銭感覚を身につけていくしか無いんだと思っています。

何事も初めは成果なんか出ないので、毎日コツコツやるしか無いかと。

ちなみに上を見ても下を見てもキリは無いと思っていて、借金の相談に行った時にやっぱりまだまだ頑張らんといかんなーって思いました!

こんな感じで、お金を扱う力を養うための情報発信を心がけますので、これからも宜しくお願い致します。

この記事が少しでもあなたの人生の糧になれば幸いです。

【関連記事】

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★