サラリーマンに告ぐ!飲み会での出費を節約する6つの技!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

会社勤めであれば、飲み会というものはサラリーマンの宿命ともいえるものです。

特に年末年始ともなれば、忘年会・新年会ラッシュが続き、二次会三次会でも行こうものなら財布へのダメージは計り知れないです。

たんたんは飲み会自体は交流を深めることができるので有益なものだと思ってますが、交流を深めつつ出費も抑えれたら最高なのになぁといつも感じてます。

そこで、簡単なものからすれすれのものまで、明日から使える飲み会での出費を抑える技を6つお伝え致します。

【この記事で伝えたいこと】
飲み会代を抑えたいなら率先して幹事を引き受け、様々な支払い方法から一番効率的な方法を!カネカネ星人と思われない程度に(笑)
スポンサーリンク

そもそも飲み会に行かない

まず、第1の節約方法ですが、「飲み会に行かない」です。

これはもっとも効果が高いですが、使い方を誤ると仕事がやりづらくなること必死の禁術です!

しかし、これ、まじめな話で、お金と時間に対する考え方の話だと思ってます。

仕事の一区切りを祝した打ち上げや忘年会・新年会・歓送迎会といったものは意味のある飲み会ですので、お金と時間を割く価値のあるものだと思います。

それに対して、特に理由が有るわけでもなく、毎日同じメンバーで飲みに行くことはあなたにとってどういったプラスがあるのでしょうか?

毎日の同じメンバーがすごい熱い方で、「毎回議論が白熱してアイディアがさく裂する飲み会」ならばお金と時間を割く価値がありますが、「仕事の愚痴をだたひたすら言いあう飲み会」はお互いの傷をなめ合うだけなので、お金と時間の無駄だと考えております。

そんなことに時間を割く余裕があれば、さっさと課題を洗い出して解決に向けて行動を起こした方がみんなの為になります

もちろん、「飲みに行くことをやめろという話」ではありません。

「メリハリをつけることが大切」という話です。

「そもそも飲み会に行かない」は言葉に出すと「何当たり前のことを言ってるんだ」ってなりますが、自分のお金と時間を有効に使う為には飲み会の仕分けも検討するべきだと思います。

飲食代金をクレジットカードで支払う

第2の節約方法として、会計役を引き受けることで、クレジットカード立替払いをしてポイント還元を受けると言う基本技があります。

自分ひとりの代金ですと大した金額にはなりませんが、大人数の会計をまとめて決済すればポイントだけでもなかなかの金額になると思います。

高還元率のクレジットカードで飲み会の代金をまとめて支払うとダメージをかなり軽減できます。

ポイントを貯める為にも、幹事を率先して引きうけてカード決済が可能なお店を選びましょう!

お勧めの高還元率クレジットカード情報についてはこちらの記事でまとめておりますので、参考にしてください。

ぐるなび予約でポイントゲット

第3の節約方法として、ぐるなびネット予約があります。

電話では無く、webサイトからお店を予約するだけで、なんと利用人数×100ポイントのぐるなびスーパー「ぐ」ポイントが貯まります!

1ポイント1円として使用可能ですので、20人の予約をすれば2000円分のポイントが貯まると言うことです!

ぐるなびスーパー「ぐ」ポイントはポイント決済に対応している居酒屋やぐるなびの他のサービス(ぐるなび食市場・ぐるなびトラベル・ぐるなびデリバリー)でも使用できますので、次の飲み会の支払いに充てることもできますし、ネットでの食品購入にも充てれます。

更にぐるなびと提携している以下のお店でも使用可能です。

  • リンガーハット
  • とんかつ浜勝
  • ウェンディーズ
  • ラ・パウザ

貯まったポイントでちまちまご飯を食べに行くこともできますので、食費の節約にも繋がりますね。

というか、人数×100ポイントと言うのがふとっぱらすぎる気がしますが・・・笑

▼▽こちらからネット予約できます▽▼

ぐるなびギフトカードで支払い

第4の節約方法として、ぐるなびギフトカードを利用する方法があります。

これは、ぐるなびネット予約と親和性が方法で、予めギフトカードを手に入れて飲食の際の支払いをギフトカードで行うものです。

公式サイトより購入ができますが、送料がかかりますのでオススメではありません。

どこで手に入れるのか?ですが、金券ショップのガラスケースに並んでいるので、金券ショップで安くで手に入れましょう。

店舗によって様々ですが、額面の95%の金額で売っていたりするので、5%もの節約が可能です!

ただ、有効期限がギフトカード毎に決まっているのと、使用できる店舗が限られるので、お気を付けください。

ギフトカードを利用するなら、ぐるなびネット予約とセットが基本かと思います。

ジェフグルメカードを利用

WATAMIや魚民等、居酒屋チェーンではジェフグルメカードが使用可能です。

こちらの記事でジェフグルメカードの利用方法をお伝えしておりますが、金券ショップで額面より安く購入して支払いに充てれば飲み代を浮かすことが可能です。

ぐるなびネット予約と併用できますので、2重取りも可能です。

株主優待券を利用

第5の節約方法として、株主優待券を利用する方法があります。

これはどこの店でも使える訳でなく、株主優待券を発行している大手居酒屋チェーン店で使用できる技です。

「東方見聞録」「月の雫」を展開している三光マーケティングフーズや「甘太郎」「三間堂」「ラパウザ」を展開しているコロワイドあたりがメジャーかと思います。

株主優待券なので証券口座を開設して株の購入が必要と思われるかもしれませんが、実際は金券ショップで販売していたり、オークションで出品されていたりします。

例えば、三光マーケティングフーズの株主優待券(1000円)ですと、金券ショップの相場が750円~800円程度、ヤフオク!の相場が700円程度です。

もし、700円で1000円の株主優待券を購入することができれば、30%もの割引となります!

ただ、この方法に関しては、事前の準備が確実に必要な手法となりますので、あまり幹事に腐心しすぎるとお金が目当てと思われる可能性がありますから、関係がぎくしゃくするレベルでの乱用はお勧めしません・・・。

まとめ

飲み会自体は避けれないイベントだったりすることが多いですが、自身で幹事を引き受けるとお店のチョイスを有る程度コントロールすることが出来ると思います。

みなさんから集めた現金をお店に渡すのではなく、幹事役としての仕事をしたことへのちょっとしたご褒美として、ちょっとお得に支払うことはあまり咎められないでしょう。

ただ、その分幹事としての仕事はちゃんとしましょうね(笑)

でないと、2度と幹事なんかやらしてもらえませんので・・・汗

様々な支払い方法がありますので、賢く利用して節約につなげましょう!