レターパックの発送方法と注意点を画像付きで解説するよ!

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

日本郵便が提供するサービスにレターパックと言う、全国一律料金で安価に発送できる便利な配達サービスがあります。

メール便やゆうメールでは送れないけど、ゆうパックやはこBOONで送る程の大きさでもない

そんな荷物にちょうど良いサイズの発送方法となっておりまして、たんたんもメルカリ
ヤフオク!で売れた物の発送でよく利用します。

そんなレターパックの発送方法を画像付きで解説致します。

【この記事で伝えたいこと】
レターパックを発送するのは非常に簡単!クリックポスト以上、宅配便未満はレターパックが安価で便利!
スポンサーリンク

レターパックとは

日本郵便が提供するサービスで、4kgまでの荷物を全国一律料金で発送できます。

定型外郵便の2kg~4kg以内の料金は、「1,180円」ですので、その金額差は歴然です。

レターパックプラスとレターパックライトがあり、それぞれ発送物の厚さと性質によって使い分けることができます。

レターパックのサービス内容詳細についてはこちらの記事を参考にして下さい。

発送方法

それでは発送方法を順にお伝え致します。

※この記事ではレターパックプラスの写真を載せておりますが、レターパックライトも発送方法は同じです

宛名と送り元を記入

まずは、レターパックの表面に必要な情報を記入致します。

  • 右上の郵便番号
    • お届け先の郵便番号を記載します
  • お届け先(To)
    • おところ(Address):お届け先の住所(2行分のスペースを取ってます)
    • おなまえ(Name):お届け先のお名前
    • 電話番号(Telephone Number):お届け先の電話番号
  • ご依頼主(From)
    • おところ(Address):発送元の住所(2行分のスペースを取ってます)
    • おなまえ(Name):発送元のお名前
    • 電話番号(Telephone Number):発送元の電話番号
  • 品名(Contents Description)
    • 発送物の品名
  • はがして差出し(memo)
    • 自由記入欄

「はがして差出し」とかかれた部分に記載のある12ケタの番号は配達の追跡番号となっておりまして、発送の際にはがして受け取ることになります。

追跡番号と発送物を紐づける情報がこのはがすメモくらいしか無いので、簡単な宛先と品名のメモを記入しておきましょう

大量に発送した際は、メモにきちんと発送物と宛先を書いておかないとどれがどれか分からなくなって、お届け先に追跡番号を伝えれなくなります・・・汗

レターパックへの記入

なお、消費税が8%に上がったことで500円⇒510円に値上がりしまして、古い500円のレターパックプラスは10円切手を貼って使用することができます。

宛先の電話番号については、こちらの公式サイトで、任意だけど、お勧めしますとかかれており、必須ではありませんが書けるなら書いておいた方がよいかと思います。

また、品名については記事の中段に注意点をまとめましたので、そちらをご覧の上記載ください。

荷物を封入

では荷物を梱包して中に入れます。

のりしろ部分にシールが元から貼ってありますので、のり付けする必要もありません。

今回は大阪⇒茨城に小型のバイク用品を発送致しました。

たんたんのように届け先と依頼元をシール等で貼りつけることも可能です。

荷物を入れたレターパック(表)


裏面はこんな感じ。

厚みのあるものを入れると大体もっこりして、のりしろ部分がゆがみます(笑)

荷物を入れたレターパック(裏)


ポストか郵便局で発送

あとは、荷物を封入したレターパックを郵便局で発送するか、ポストに投函すれば終わりです。

ほーら、簡単でしょう!

個人的には、レターパックを利用する際は大体厚みがある物の発送に使っているので、ポストに投函できず郵便局で発送することが多いです。

また、重量がある場合はポストに入れると投函の際の衝撃で破損の可能性もゼロではありませんので、「でかい or おもい」場合は郵便局の窓口で発送しましょう。

レターパックを送る際の品名に注意!(香水は送れないよ!)

品名を書く際には何点か注意点があります。

と言っても、レターパックで送れないものがあったりするので、発送物次第ではありますががが。

レターパックでは香水は送れない

これは意外と盲点なのですが、レターパックでは香水は送れません。

香水はアルコール度数が高くて発火性のある物として扱われるので、お受けできないって事になってます。

クリックポストで発送できるモノ


ただ、中身までは確認しないので、中に香水を入れて品名にコスメとか書けば遅れたりもゴニョゴニョ・・・。

リチウム電池入りの家電等は発送に時間がかかるかもしれない

リチウム電池は発火の恐れがあるとの事で、飛行機の貨物としては発送できないんですね。

レターパックでリチウム電池を送る際は、飛行機に乗せることが出来ません

ANAの公式サイトより

なので、携帯ゲーム機やパソコン等を発送する際は、空では運べないので、他の品物よりも時間がかかると思っておいた方が良いです。

品名に「ゲーム機」とか書いていると、「リチウム電池は入っていますか?」と聞かれますので、素直に答えるのがGOODです。

まとめ

このようにレターパックを出すのは非常に簡単です。

また、メール便で送れないサイズで、宅配便で送るには小さいサイズという絶妙なポジションのお荷物を送るのに最適かと思います。

郵送事故の補償がない点は宅配便に劣りますが、安価で発送出来て便利です。

荷物1つを配送する際も様々なサービスがありますので、賢く使い分けてください。

【関連記事】

スポンサーリンク

★☆★この記事をSNSでシェアする★☆★

★☆フォローで最新情報をお届け!!☆★

コメント

  1. より:

    届け先の電話番号は無くても大丈夫なのでしょうか?メルカリで使いたいのですがどうなんでしょうか?

  2. 福重 より:

    おてころと書いてある所に住所を書くのですか?
    その下の空白にかいても大丈夫ですか?

    • たんたん より:

      福重さま
      コメントありがとうございます!
      おところと書かれた空白とその下の空白が送り先の住所を書く欄となっています。
      住所が長い時もあるので、2行分余白を用意してくれている感じですね。

      見返してみると記事の内容が分かりづらかったので、修正致しました。
      フィードバック頂けてありがたいです!
      不明点あれば何でも気軽に聞いてくださいね^^

  3. 民営化以降の郵便局ってどうなの? より:

    ①消印が大阪南と28がかろうじて見える程度で月日と時間帯は写ってません。
    ②局留で私書箱扱いにしてます。
    ③レターパックライトの封筒の中央左に、小さく「この線より上は消印を押しますので何も書いたり貼ったりしないでください。」という注意書きに反し、
    何かシール状のものが三重に貼り重なれていたことがあり、
    これって?消印の自動押印器にワザと月日時間帯を押印させない目的で出荷されてるか?もしくは、集荷しにきた郵便局で消印を曖昧にするために工作したのではないかと思うのですが。。
    それとも着側郵便局への何らかの合図に貼られてるのでしょうか?

    消印を明瞭に押印しなくなった平成阪神大震災以降の郵便事情に、結構、未着や紛失が当たり前になっているのを思います。
    大切な信書を郵便に限定する習慣が昭和期の官営だった時代からの習わしで原則にされてますが、むしろ、宅急便のヤマトなどは阪神大震災前後頃には、小泉郵政議員さんが、信書も扱えるような準備をヤマト側も準備していたので、システム的には郵便局よりしっかり管理されてると思うのですが。

    なお、メルアドはiPadになってからは、ID登録する時点で、盗まれてしまうので、使っていません。昔のものです。